オートデスクのサブスクリプション(期間ライセンス)とは?

2018.1.12

  • 共通

オートデスクのサブスクリプションとは、期間限定でソフトのライセンスを購入・利用する方法です。「ライセンスの増減やバージョンアップをフレキシブルに利用したい」という声から、このサブスクリプションが誕生しました。

オートデスクのサブスクリプションを利用するメリット

サブスクリプションをご利用いただくと、お客様の予算やビジネス環境に合わせて調整できるメリットがあります。

  • 初期導入コストを低減できる。
  • 契約期間に応じた支払いができる。
  • 常に最新バージョンや拡張機能を利用できる。
  • ライセンス数の増減が容易で、フレキシブルな利用により運用コストを削減できる。
  • グローバル化に対応、海外持ち出し可能。
  • クラウドサービスの利用が可能。
  • 前バージョンの使用(下位3バージョンまで利用可能。例えば、2018で購入された場合、2017、2016、2015までを利用できる)。
  • メーカー対応サポート※1。
  • ホームユース など。

初期投資を抑えられる

使用期間を選べる

ライセンス数の増減が容易

※1 サブスクリプションご利用中に起きたトラブルは、Web/電子メールサポート、電話サポート(予約制)を利用できる。アプリケーション操作に関する問い合わせは対応不可となり、トラブルシューティングがメインのサポート。

サブスクリプション メリットの生かし方

実際に、サブスクリプションのメリットを生かした利用例をご紹介します。

初期投資を抑えたい場合

「設計者の増員や新規事業立ち上げに伴い、新しいライセンスが必要になったが、何とか出費を抑えたい」

  • お薦めポイント:プロジェクト単位での予算管理がしやすくなるため、先行投資や長期契約を行わなくても、必要に応じて利用する分のお支払いでオートデスクのソフトをご利用いただけます。
  • 契約期間:予算、増員計画、プロジェクトに応じて3カ月、1年、複数年の単位で契約できます。

ライセンス数の増減を柔軟に調整したい場合

「臨時の雇用や短期のプロジェクトなどで発生する人材リソースにソフトを割り当てたい」

  • お薦めポイント:短期のプロジェクトのために設計者を半年間だけ増員するといった場合に、雇用期間に合わせてライセンス購入が可能。当初のライセンス本数だと納期が迫った際に足りなくなるかもしれない。そんなときに途中からライセンスを増やすことも簡単です。

海外でも使いたい場合

「長期の海外でのプロジェクトや海外出張時の現地対応など、グローバルビジネスにも対応しているの?」

  • お薦めポイント:期間ライセンスにおいて、使用する人(指名ユーザー)は固定されます。指名ユーザーであれば、原則、世界中のどこでも利用可能です。プロジェクトが終了するまでは設計者が海外に駐在しないといけないケースや海外出張の場合など、現地法人にあるPCでソフトを使えるようにできます。
  • 対応言語:多くのソフトで英語や中国語など10カ国語以上に対応。

サブスクリプション購入の前におさえておきたい「ライセンス形態」

お得にサブスクリプションを購入するために、シングルユーザーとマルチユーザー、二つのライセンス形態があることをおさえておきましょう。

シングルユーザーとは

シングルユーザーとは、使用するユーザー(指名ユーザー)にライセンスを割り当てる形式です。例えば、AutoCAD 1ライセンス購入した場合、一人のユーザーが複数のPCにAutoCADをインストールしてご利用いただけます。ただし、指名ユーザー以外が使用することはできません。

指名ユーザー分のライセンスを購入し、複数のデバイスにインストール可能

シングルユーザーの注意点
指名ユーザーごとにAutodesk IDが必要(設定にはメールアドレスが必要となり、Autodeskアカウントのログイン時にIDを利用)。
指名ユーザーはソフトの初回起動時およびその後30日ごとのライセンス認証時に、インターネットへの接続が必要。インターネット接続が切断された状態で23日間使用すると、インターネット接続を促すアラートが表示される。

マルチユーザーとは

マルチユーザーとは、ライセンスサーバーを立てて、起動数を管理する形式です。ネットワーク上のクライアントPCにライセンスを配布することで、複数のクライアントPCをサポートできます。複数のユーザーが必要なときだけソフトウェアを利用するケースに適しています。

使用中のライセンス数が5本を超えなければ利用可能

マルチユーザーの注意点
インストール数はライセンス数を上回ることが可能だが、同時起動できる数はライセンス数と同一。

ライセンス形態の効果的な選び方

シングルとマルチユーザーライセンス、どちらをどのように選べばよいか? という質問にお答えします。

事務所内で不特定多数のユーザーがCADを使用する場合は、「マルチユーザー」
各々のクライアントマシンにソフトをインストールしておけば、1台のPCを複数のユーザーで共有してもライセンス許諾違反にはなりません。また、ユーザーの指定が必要ないため、ユーザー一人一人に電子メールアドレスがない場合でも、同時使用数が所有ライセンス数を超えない限り、自由に使用できます。
インターネットセキュリティが厳しい環境の場合は、「マルチユーザー」
ライセンスファイルの受け取りは電子メールでのやり取りが生じますが、マルチユーザーライセンスのアクティベーション自体はオンラインである必要はありません。オフラインでソフトのセットアップが可能です。
現場や出張先でCADを使用することが多い場合は、「シングルユーザー」
シングルユーザーライセンスの場合、使用者を固定する一方で、1ライセンスで複数のデバイスにソフトウェアをインストールすることができます。例えば、事務所内ではデスクトップPCで主にCADを使い、出張時のみノートPCを持っていく場合、シングルユーザーライセンスを1本取得するだけで、両方のPCにあらかじめソフトをインストールできます。事前に申請や特別な作業なども必要なく、いつでもノートPCを持って現場に向かえます。

サブスクリプションの契約から利用の流れ

オートデスク サブスクリプションの発注からご利用までの流れを含めたガイドをご用意しています。『ソフトウェア管理者向け オートデスクサブスクリプションガイド』をご覧ください。また、サブスクリプションの疑問点がありましたら、お気軽に大塚商会までお問い合わせください。

ソフトウェア管理者向け オートデスクサブスクリプションガイド(PDF)[7,700KB]

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域NO.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

大塚商会が選ばれる6つの理由

  • 理由1

    高いレベルの顧客満足度を提供できる
    Autodesk プラチナ認定パートナー

  • 理由2

    「Top Reseller in SubscriberGrowth - APAC」
    受賞によるアジア地域でNo.1リセラーの安心感

  • 理由3

    多くのスペシャリストを抱える
    サポートスペシャライゼーション認定パートナー

  • 理由4

    Autodesk製品スクールで圧倒的No.1受講者数
    が評価され「FY17 JAPAN ATC AWARD -
    EVALUATION-」を受賞

  • 理由5

    単なるCAD製品販売だけで終わらない
    お客様目線での課題解決提案

  • 理由6

    離れていてもお客様に寄り添う、
    オンラインを活用した圧倒的なサポート体制

PAGE TOP