AutoCAD MechanicalとAutodesk Inventorの連携

AutoCAD MechanicalとAutodesk Inventorの連携を行うことで、さらなる設計の効率化を図れます。負担の大きい隠線処理をサポートする自動隠線処理機能や、3次元モデルから断面図・アイソメ図などを作成し、2次元図面への利用も簡単に行えます。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

この動画についてさらに詳しく知りたい!