• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

Lumi Industries社がオープンソース3Dプリンター「LumiBee」を発表

2020年1月8日

Lumi Industries社 2020年1月6日

Lumi Industries社は2020年1月6日、スマートフォンを活用する新たなオープンソース3Dプリンターとなる「LumiBee」を発表した。LumiBeeは、携帯電話画面を光源として樹脂を硬化し、物体を造形するタイプの3Dプリンターで、総部品数の95%を既存のFDM/FFF(熱溶解積層)式3Dプリンターで作成することができることを特徴としている。このため、造形用材料としては、Photocentric社から提供される可視光硬化型樹脂のDaylight Resinを使用する。同社CEOのMarin氏は発表において、「LumiBeeの部品は一般的なFFF式3Dプリンターを用いて安価に作成することができるように設計されています。フリーのオープンソースプロジェクトとしてLumiBeeをリリースすることで、より多くの人々が3Dプリントの利益を享受できるようになるでしょう」と述べている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP