• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

CRP Technology社がSLS式3Dプリンター向け難燃性材料「Windform FR2」をリリース

2020年2月13日

CRP Technology社 2020年2月10日

CRP Technology社は2020年2月10日、SLS(選択的レーザー焼結)式3Dプリンター用難燃性複合材料「Windform FR2」をリリースした。Windform FR2は、ポリアミド系ガラス繊維強化樹脂(FRP)で、航空宇宙産業や自動車産業、およびコンシューマー向け製品などを主な用途としている。2019年に発表された、炭素繊維強化樹脂で暗灰色のWindform FR1材料と比較すると、Windform FR2は灰色がかった白色であることに加えて、絶縁材料であることを特徴としている。また、Windform FR1と比較してより詳細部の解像度に優れるとともに、3Dプリント後の表面仕上げもより滑らかになるとしている。FAR 25.853難燃性試験において、同材料は12秒垂直度燃焼試験と15秒水平燃焼試験に加えて、45度ブンゼンバーナー試験および煙密度試験をクリアしている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP