CADソフト導入に活用できる「IT導入補助金 2024」

「IT導入補助金」は中小企業庁管轄の事業で、中小企業・小規模事業者などが直面する働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入といった制度変更などの対応、および生産性の向上を目的にITツールを導入するための費用の一部を国が補助する制度です。

CADソフトも補助金の対象になるものがあります。大塚商会でご購入いただいた場合、補助金の申請を無料でサポートしますので、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

CAD ソフト

IT導入補助金 2024の概要

IT導入補助金は、生産性の向上に資するITツールの導入費用を支援する制度です。「IT導入補助金 2024」では、インボイス制度への対応も見据え、会計・受発注・決済ソフトに加え、PC・タブレット・レジ・券売機などのハードウェア導入費用も支援。

情報処理推進機構(IPA)が公表する「サイバーセキュリティお助け隊サービスリスト」に掲載されているセキュリティサービスの利用料、インボイス枠では、ハードウェア購入費も補助対象となります。ただし、リースや割賦契約は不可となります(買い取りのみ)。

それでは補助金制度の概要について、ご説明していきます。

支給額

IT導入補助金は、製品・サービスの生産・提供といった事業を行っている中小企業・小規模事業者などが、生産性向上を目的にプロセス改善と効率化を促進するため、あらかじめ事務局に登録されたITツールを導入する事業者に対し、導入費用の一部を補助するものです。通常枠1プロセス以上では、5万円~150万円になり、通常枠4プロセス以上では、150万~450万円が補助金として交付されます。通常枠(1プロセス以上・4プロセス以上)は、ソフトウェア購入費、導入関連費、クラウド利用料が補助対象となります。また、2024年度も昨年同様クラウド利用料の期間が最大2年間、買い取りのソフトウェアについては保守費用が最大2年分補助対象になります。

サブスクリプションについてもクラウド利用料として補助対象になります。最大2年分が対象になりますので、Autodesk製品や3DEXPERIENCE SOLIDWORKSなどの製品も利用しやすくなります。

2023年度とは名称を変えたインボイス枠(インボイス対応類型)への対応も見据え、会計・受発注・決済ソフトに加え、PC・タブレット・レジ・券売機などのハードウェア導入費用も支援されます。そのほか、セキュリティ対策推進枠では、中小企業・小規模事業者などがサイバー攻撃被害リスクを低減するためのサービス導入の経費の一部が補助されます。

複数の中小企業・小規模事業者により形成されるコンソーシアムや商工団体など、複数社が連携してITツール導入を支援するデジタル化基盤導入枠(複数社連携IT導入類型)もあります。

大塚商会ではさまざまな会計ソフトやセキュリティなども用意していますので、ご要望がありましたらぜひご相談ください。

区分類型補助率交付上限下限相当するソリューション
通常枠1プロセス以上1 / 25万~150万円未満CAD、その他ITツール
4プロセス以上1 / 2150万~450万円以下CAD、その他ITツール
セキュリティ
対策推進枠
 1 / 25万~100万円「サイバーセキュリティお助け隊サービスリスト」に掲載されているサービス
インボイス枠インボイス対応類型3 / 4、4 / 5以内50万円以下インボイス制度に対応した会計・受発注・決済ソフト
2 / 3以内50万円超~350万円以下 
1 / 2以内10万円以下PC・タブレットなど
1 / 2以内20万円以下レジ・発券機など
電子取引類型2 / 3以内(下限なし)~350万円以下受発注ソフト(中小企業・小規模事業者など)
1 / 2以内受発注ソフト(その他事業者など)

申請に関するポイント

2023年度IT導入補助金を利用した企業につきましては、申請枠の組み合わせによって条件があります。例えば、2023年度に通常枠を申請した場合、2024年度においては12カ月以上経過していない場合は、申請不可になります。2023年度にデジタル枠を申請した場合は、2024年度に通常枠で申請することは可能です。その他条件につきましては、表をご確認ください。

申請可否2023年度利用
通常枠デジタル枠セキュリティ対策推進枠
2024年度申請通常枠
12カ月以内の申請は不可
○(注1)
インボイス枠
12カ月以内の申請は不可
○(注1)
セキュリティ対策推進枠×(注2)
  • (注1)「サイバーセキュリティお助け隊サービス」を含むITツールを2022年度、2023年度で利用した場合は申請不可になります。
  • (注2)セキュリティ枠および他の枠で「サイバーセキュリティお助け隊サービス」を含むITツールを2022年度、2023年度で利用した場合は申請不可になります。

加点項目

加点項目通常枠インボイス枠セキュリティ対策推進枠
地域未来投資促進法の地域経済牽引事業計画
地域未来牽引企業
クラウドを利用したITツール導入の検討(注3)  
インボイス対応ITツール導入の検討  
賃上げの事業計画の策定、従業員への表明、事業計画の達成(注3)
SECURITY ACTION「二つ星」の宣言を行っていること  
「みらデジ経営チェック」を実施していること(注3)(注4)
国の推進するセキュリティサービスを選定しているか 
健康経営優良法人2024
「地域DX 促進活動支援事業」における
支援コミュニティ・コンソーシアムからの支援を受けた事業者であるか
事業継続力強化計画の認定を取得していること  
介護職員等特定処遇改善加算
くるみん・えるぼし認定
  • (注3)積極的な加点項目として取得を推奨しています。
  • (注4)通常枠では「みらデジ経営チェック」の実施は必須要件となります。

対象者

日本国内で活動する中小企業、小規模事業者が対象となります。業種としては製造業や建設業のほか、飲食、宿泊、卸・小売り、運輸、医療、介護、保育などのサービス業などが対象です。

中小企業の定義として、例えば製造業、建設業、運輸業では、資本金(資本の額または出資の総額)が3億円以下、常勤従業員が300人以下であることと定められています。

申請するための必須条件

交付申請の要件には「gBizIDプライム」アカウントが必要となります。また、同アカウント取得に加えて、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する「SECURITY ACTION」の宣言が必要です。この宣言は、中小企業・小規模事業者など、自らが情報セキュリティ対策に取り組むことを自己宣言する制度で、「★一つ星」または「★★二つ星」を宣言することを要件としています。さらに今回、「みらデジ」ポータルサイト内にgBizIDで登録し、「経営チェック」の実施が必要です。

「みらデジ」は、中小企業庁が実施する中小企業・小規模事業者などの経営課題をデジタル化により解決することをサポートする制度です。

申請スケジュール

申請類型によってスケジュールが異なりますのでご注意ください。2024年度の情報は公開され次第、随時掲載します。

締切日交付決定日通常枠インボイス枠セキュリティ
対策推進枠
実績報告期限
2024年7月19日(金)2024年8月30日(金)5次5次2024年11月29日(金)
2024年8月23日(金)2024年10月3日(木)6次6次2024年12月9日(月)
2024年7月3日(水)2024年8月8日(木)8次2024年11月29日(金)
2024年7月19日(金)2024年8月30日(金)9次2024年11月29日(金)
2024年8月2日(金)2024年9月9日(月)10次2024年11月29日(金)
2024年8月23日(金)2024年10月3日(木)11次2024年12月9日(月)
  • * 通常枠・インボイス枠・セキュリティ対策推進枠をそれぞれ併用し、交付決定および補助金の交付を受けることは可能です。ただし同一のITツールを申請することはできません。

CADソフトも補助金対象

「IT導入補助金 2024」で対象となるITツールにCADソフトも含まれます。CADソフトは高いものでは300万円以上するものもあり、非常に高価なソフトウェアの一つです。大塚商会で取り扱いがあるCADソフトで、補助金の対象となるものも数多くありますので、今回の補助金を活用してご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

また、大塚商会でCADソフトをご購入いただいた場合、補助金の申請を無料でサポートします。導入検討をされている場合は、お気軽に大塚商会までご相談ください。

IT導入補助金のことを一冊に集約! 無料資料ダウンロード

IT導入補助金 2024の詳細をまとめた資料をご用意しています。もちろん無料!お気軽にお取り寄せください。

IT導入補助金 2024

主な内容

  • IT導入補助金 事業概要
  • 申請類型と申請要件
  • 交付申請について

資料ダウンロードお申し込み

ものづくり補助金の申請もご支援します

大塚商会では、ものづくり補助金の申請をバックアップします。中小企業診断士・税理士などのプロフェッショナルが経営上のお悩みに対して現状整理と改善アドバイスをご提供し、貴社をサポートします。

ものづくり補助金の申請