BIMナビ

  1. HOME
  2. BIMモデル構築

データ連携マップ

  • 環境解析 建築積算
  • 日影解析
  • BIM
  • 構造モデル変換
  • デザインレビュー
  • チェックレビュー

お問い合わせ

BIMに関する技術的な質問から、BIM関連製品の価格・資料請求までお気軽にお問い合わせ下さい。

BIM導入のハードルを大きく下げる方法があります! BIM on VDI

建設業界応援キャンペーン

BIMモデル構築

BIMモデルが設計段階から作成されることで、各種BIMツールを利用してさまざまな付加価値を得ることができます。これがBIMの醍醐味といえます。

  • 環境解析 建築積算
  • 日影解析
  • BIMモデル構築
  • 構造モデル変換
  • デザインレビュー
  • チェックレビュー

BIM対応3次元CAD

BIM対応

パラメトリック(可変)な建築オブジェクトを利用して設計を行っていくことができる建築専用3次元CADです。BIMの設計手法の通り、3Dから2D図面を切り出して作成することで、モデルの編集に追従した設計図書の管理が可能で、図面間の整合性は常に保たれています。各種建築オブジェクトは、属性情報とよばれる、数量、仕様、色などの活用可能な情報を持ち、関連ソフトウェア(BIMツールと呼ばれています)で利用できます。

主要なBIM対応CAD

Revitシリーズ(オートデスク株式会社 )
意匠(Architecutre)、構造(Structure)、設備(MEP)の3シリーズを持っている。RevitArchitecutreのユーザーが立ち上げたユーザーグループ(RUG)の活発な活動は国内のBIM普及に大きく寄与している。

ArchiCAD(グラフィソフトジャパン株式会社)
1994年から国内での発売が開始されRevitシリーズより古い歴史をもつ。 EcoDesigner、MEP Modelerをはじめ、設備・構造・環境シミュレーションソフトウェアなど、多くのBIMソフトウェアとの連携が可能。

ページトップに戻る