IT導入補助金 対象製品

Autodesk Revit

オートデスク社が開発したBIMツール Revit

Revitは、意匠設計用の「Architecture」、構造設計用の「Structure」、設備設計用の「MEP」の機能を持った国内外で人気のBIMツールです。その語源は、Revise Instantly(すぐに修正する)からの造語と言われており、BIMを実現するためにオートデスク社が開発したBIMツールです。

Revitは、単体製品以外に、建設業向けの統合ソリューションパッケージである「Architecture, Engineering & Construction Collection」にも同梱されています。また、機能を制限した廉価版として、Revit LTもご用意しています。

【ご注意】新たなサポート体制に移行します

オートデスク社は今後のサポートサービスをより良いものにするために、2021年3月から新たなサポート体制「製品サポートライフサイクル」へ移行します。

この仕組みの導入に伴い、全てのサポートサービスにおいて、対象は最新バージョンと3世代前までに統一され、4世代以前のバージョンに関してはサポート対象外となります。

設計から施工まで、BIMソフトとして開発されたAutodesk Revit

Autodesk Revitは「図面を描く」というより、BIMの概念に基づきより良い建物計画を検討することに特化したシステムです。各パーツの持っているデータ情報を生かし、データベースとしてトータルでBIM活用ができるBIMツールです。

意匠・構造・設備・施工・管理と幅広く対応できることから、海外はもちろん、国内の建築設計事務所や総合建設業者(ゼネコン)、建材メーカーへの導入が促進されています。BIM対応への目的以外でも、BIMツールを活用したプレゼンテーション強化のために、建築系ビジュアライゼーションツールとの連携を図るために導入されています。

Autodesk Revitの価格や動作環境はどうなっていますか?

Autodesk Revitの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

Autodesk Revitの導入は大塚商会にお任せください

メーカーサポート認定者によるスクール

大塚商会は、オートデスク認定トレーニングセンター(ATC)として品質の高いトレーニングを提供し続けています。
オートデスク製品におけるスクール実績や貢献などを評価され、日本国内のみならずアジアパシフィックとしての表彰も数多く受けています。

Autodesk Revit スクール(講習・研修)では、建築業の方向けに基本操作や建築意匠設計の一連の流れを習得するコースや土木業の方向けにCIMモデル作成のための基本操作や応用機能を習得するコース、ファミリ(部材)作成に必要な一連の流れを習得するコースを定期開催しています。
また、オンラインでの開催も実施しています。