1分で分かる ますます熱い「CAD×タブレット活用術」

AutoCAD 2014を筆頭に、CADソフトが続々とタッチパネルに対応しています。自分も持とうかなと考えている方!あいまいな目的で導入すると、結局は必要なかったというケースがあります。CADでのタブレット活用術を覗いてみましょう。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

この動画についてさらに詳しく知りたい!