ANSYS HFSS ソルバー

ANSYS HFSSは幅広いアプリケーションの構造物を効率的に解析するために、有限要素法、モーメント法、これらを組み合わせたハイブリッドソルバーなど複数のソルバーをご提供しています。各ソルバーは高精度なメッシュを自動生成することで、あらゆる設計にご利用いただけます。

周波数ドメインソルバー

有限要素法を用いて周波数領域で電磁界解析を行い、S / Y / Zパラメーターや放射特性、電磁界分布を表示します。

Transientソルバー

Discontinuous Galerkin法によるTransientソルバーです。周波数領域と同じ高精度なアダプティブ・オートメッシュを利用した時間領域の解析が可能です。レーダークロスセクションやESD・落雷などの短時間のパルス励起による電磁界現象やTDRの解析が可能です。

Integral Equationソルバー

Integral Equation(IE)ソルバーはモーメント法を用いて大規模な解析が可能です。従来の有限要素法では解析できない、または解析時間が長時間に及ぶ人工衛星アンテナの配置検討など大規模な解析に向いています。

Hybridソルバー

有限要素法とモーメント法の長所を組み合わせることで、精度を保ちつつ大規模な解析を短時間で処理します。

Savant(オプション)

レイトレース法(SBR+)による超大規模電向け磁界解析ツールです。多重反射を考慮した光学法により艦船、航空機レーダー、ミリ波レーダー、大規模電波伝搬環境の解析が可能です。