ANSYS Q3D Extractor

電子部品向け寄生パラメーター抽出ソフトウェア

ANSYS Q3D Extractorは電子部品の形状から寄生パラメーター(RLCG)を抽出し、SPICE / IBISモデルを生成するソフトウェアです。

バスバー、パワーモジュール、半導体パッケージ、コネクターなどの3元形状、基板の配線パターンやケーブルなどの断面形状、それぞれに最適化された2D / 3D解析エンジンにより、表皮効果、損失、表面粗さなどを考慮した高精度な電磁界解析を行います。

正確な解析をご提供するアダプティブ・オート・メッシュ

長年実績のあるアダプティブ・オート・メッシュ機能(Adaptive Auto Mesh)は、電磁界解析と同時にメッシュの最適化を行うアルゴリズムを採用しています。これにより、複雑な電磁界現象に対して効率よくメッシュを作成し、少ないメモリーで高精度な電磁界解析をご提供します。

二つの製品をご用意しています

立体形状を解析する場合はANSYS Q3D Extractorを、平面を解析する場合はANSYS 2D Extractorと、用途によって二つの製品をご用意しています。

なお、ANSYS Q3D ExtractorにはANSYS 2D Extractorが含まれます。

ANSYS Q3D Extractorバスバー、パワーモジュール、半導体パッケージ、コネクター、基板配線パターン、ビア、ケーブル、ワイヤーハーネス など
ANSYS 2D Extractor各種ケーブル:同軸、ツイテッドペア、リボン など
基板の配線:マイクロストリップ(ストリップ)線路、コプレーナ線路 など
  • ANSYS Q3D Extractor

  • ANSYS 2D Extractor

ANSYS 2D Extractorはこのようなシーンでご使用いただけます

基板(PCB)配線パターンの特性抽出事例

ANSYS 2D Extractorでは各種ケーブルや基板配線パターン(伝送線路)などの同一断面形状の解析を高速に効率よく解析できます。断面形状の解析では任意の配線長を指定し、SパラメーターやRLGCの電気特性を得られます。

2D ExtractorによるSパラメーターモデル抽出(Sパラメーター解析にはANSYS Elctronics Desktopが必要)

ケーブルモデリングツールキット

ANSYS 2D Extractorに搭載されているケーブルモデリングツールキット(Cable Modeling – Tool Kit)により、ケーブルのモデルを簡単に作成、検証することが可能です。

解析結果の出力

  • RLCGマトリクス
  • SPICEモデル(Lumpedラダー型)各種回路シミュレーターのフォーマット対応
  • 2D:Z0、クロストーク係数、伝送速度、遅延減衰、実効誘電率、実効波長
  • IBIS Pakeageモデル
  • Touchstone(Sパラメーター)
  • 場のプロット(3D:電位、電荷、電流、損失密度。2D:電位、電荷、電流、損失密度、電場、磁場)
  • 3D電流分布

  • 2D電界分布

ANSYS Q3D Extractorの価格や動作環境はどうなっていますか?

ANSYS Q3D Extractorの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。