IT導入補助金 対象製品

HELIOS メリット・デメリット

HELIOSに連携した数量は基本設計概算に十分にお使いいただけます。しかし、一部補正が必要な場合もあります。

メリット設計者:HELIOS連携後の修正も少なく、即座に数量の把握が可能。そのため、早期に精度の高い数量・単価が把握できる。連携後、HELIOSで配置状況の修正を行った数量は実施詳細積算にも活用できる
積算者:HELIOSで修正を行うことで、数量の精度が上がり、今まで手がかかっていたリスト作成・配置作業の軽減もできることから、今までよりチェックなどに時間を回すことができ、精度の向上が見込める
デメリット鉄筋補正が必要
外装が未連携のため、補正が必要
建具の附合物が未連携のため、補正が必要