HP JET Fusion 3D 4200

最終製品生産とプロトタイプ作成の革新をもたらす3Dプリンター

HP JET Fusion 3D 4200は、プロトタイプ試作に加え、最終製品の製造に対応できるように設計されています。HP独自の技術により、従来の造形方式の3Dプリンターとは比較にならないほどのハイスピードかつローコストな造形を実現します。

左:JET Fusion 3D本体 右:Build Unitとprocessing Station

ハイスピードな造形を実現する理由

HP JET Fusion 3D 4200は3Dプリンター本体と独立したプロセッシングステーション、「Build Unit」「processing Station」で構成されています。装置を分けることで、3Dプリントとパーツの冷却、パウダーの除去を同時に行えます。また、「Processing Station With fast Cooling」を導入すると、より高速に冷却でき、さらに生産性を高められます。

材料はエンジニアリンググレードの熱可塑性材料を使用

HP JET Fusion 3D 4200は、HP独自の2種類のエージェントを使用したプリントプロセスにより、非常に優れたディテールと高い寸法精度を実現。パウダーの再利用率が高く、製造サイクルにおいてのパウダー廃棄量を最小限にします。

HP JET Fusion 3D 4200の価格や仕様はどうなっていますか?

HP JET Fusion 3D 4200の価格、仕様は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。