Stratasys J35 Pro

最大3種類の樹脂を同時に使用可能なマルチマテリアル3Dプリンター

Stratasys J35 Proは、StratasysのPolyJet方式で最もコンパクトな筐体に優れた機能を搭載した3Dプリンターです。一つのモデルの造形に複数材料を使えるマルチマテリアル機能を搭載、お客様のニーズに合わせゴムライクや耐衝撃性、半透明材料を組み合わせた造形が可能です。オフィスでリアルなモデルを作ることで、プロトタイプ製作やデザイン検証にスピードと正確性をもたらします。

標準価格:オープン価格
保守費用:1,131,900円(税別、次年度より)

価格のご相談・お問い合わせ

製品特長

マルチマテリアル3Dプリンターを低コストに

マルチマテリアルとは、複数の材料を適材適所に組み合わせる手法です。Stratasys J35 Proは、一度の造形に最大3種類の異なる材料を同時に使用できます。一般的にマルチマテリアル3Dプリンターは高額となりますが、Stratasys J35 Proは上位機種と同等の性能を持ちながら、低コストで導入いただけます。

VeroUltra BlackSおよびWhiteS:2Dレベルのグラフィック、文字、鮮やかで正確な色を実現し、複数材料を使用した3Dプリンティングモデルの水準を向上

VeroUltra ClearS:卓越した透明度に加え、強度、剛性および耐衝撃性をもたらす

DraftGrey:半透明で滑らかな仕上がりの硬質で低価格な材料。初期試作に用いることで、時間もコストもかけずに意匠面の視認性が良いコンセプトモデルを造形

Elastico Black & Clear:柔軟なPolyJetフォトポリマーは、LED硬化システム用に設計されており、破断伸長率および引裂抵抗の改善に。高度な設計検証とラピッドプロトタイプに最適

デジタルABS:金型、治具、固定具、機能性プロトタイプなどの耐衝撃性デザイン向け

VeroContactClear:生体適合性を有する透明硬質のラピッドプロトタイピング材料。皮膚や口を介した接触を必要とするプロトタイプやコンセプトモデルの試験に

回転トレイを採用

上位機種のStratasys J55 Primeに搭載されている回転円形トレイを採用。造形トレイを回転させヘッドの稼働を最小限に減らすことで、品質を向上させ、コンパクトなのに高品質な造形を可能にしました。スモールオフィスや工場環境への複数台設置などニーズに合わせた使い方ができます。

主な仕様

最大造形面積1,174cm2
積層ピッチ18.75μm
材料容量1.1kg
カートリッジ数モデル材とサポート材合わせて4本
本体サイズ幅 651×奥行 661×高さ 774mm
本体重量98kg