MMEye Box

無制限で好きなだけ AIを用いた画像判定サービス

MMEye Boxは、AI技術を搭載した画像判定サービスです。人手による異常検知や物体検知などの作業をAIがリアルタイムに画像判定し、外観検査することができます。

製品特長

さまざまな分野の外観検査を高精度に自動化するAIエンジンを搭載

MMEye Boxはエッジ端末を活用して現場でリアルタイムに画像判定を行います。AI技術(ディープラーニング)とメーカーYE DIGITAL社独自の前処理技術を用いて、複雑なパターンも人並みに精度よく自動判定します。

  • 多種多様な対象を学習することで自動判別することができる

  • 「焼き具合」というあいまいな判断をAIが学習して判定

  • 不良品学習から判別・分類、不良品を分析

  • 良品学習から不良品を判別、位置検出で不良位置をフィードバック支援

好きなだけトライ!

AIによる画像判定は、全てのものに高い精度が実現できるわけではありません。そのため、導入前にしっかりとした検証を行うことが大切です。MMEye Boxなら社内で無制限に好きなだけ検証いただけます。

AIの専門知識をお持ちでなくても安心

作成した判定モデルを用い、生産ライン上で判定を行う実行環境(エッジPC)をご提供可能ですので、環境構築の手間を大きく削減することができます。

導入事例

写真はイメージです

世界的なお菓子メーカー様にて焼き菓子の外観検査工程に導入いただきました(2018年)。お客様は、全社でスマート工場化の検討を行う中、焼き菓子工場の外観検査工程の効率化に着目されました。生産ラインの自動化は進んでいましたが、工業製品と違って、その日の室温、湿度などの影響を受け、半製品に微妙に個体差の出る焼き菓子の外観検査工程は、合否判定のシステム化が難しく、人手に頼った検査をせざるを得ませんでした。

ラインから大量に流れてくる焼き菓子の検査を行うには、交代制で常に数人の検査員を確保する必要があります。また判別の基準は作業者に依存し、神経を使う検査工程となるため、均質化の課題がありました。不良品の排除とトレーサビリティの両立も課題でした。

導入前の課題

  • 熟練技術者のノウハウに依存し、品質や生産効率の改善に時間がかかっている問題をスマート工場化で解決したい。

導入後に得られた効果

  • 判別が難しい不良品判定の自動化。
  • 不良品発生のデータを蓄積し、傾向分析。
  • データ分析から、列ごと・時間帯ごとのトレーサビリティを実現。
  • 判定分析結果を生産装置にフィードバックすることで、不良品発生を低減。食品の製造ロスを削減。

MMEyeを採用した理由

複数のAI活用ソリューションについて簡易検証を行い、効果を比較した結果、MMEyeを採用されました。

  • 複数のベンダーの提案を受けたが、YE DIGITALはMMEyeをはじめとしたAIの事例が多く、具体的なイメージをつかむことができ当社初の試みであったが、実現可能と判断した。
  • AIを自社開発しているため、導入後の拡張性など将来的な展望も見据えることができた。

全自動化への拡張も可能。品質向上・人手不足の対策としても

外観検査の自動化を検討する際、将来的な拡張性も視野に入れた検討が重要です。MMEyeは外観検査の前後の工程を含む自動化システムもご提供可能です。ロボット・排出機構とも連携して生産ラインに組み込むこともできます。

MMEye Boxをもっと知る