太陽光発電システム周辺の風の流れを検証しよう

流体解析ソフトウェアで風による影響を可視化!

太陽光発電システムは目的により規模や設置場所が大きく異なり、規模によっては地形なども考慮する必要があります。目で見ることのできない太陽光発電システム周辺の風の流れを流体解析ソフトウェアを用いて可視化し、より良い配置の検討に役立てることができます。

この記事を詳しく解説した資料があります

大規模の場合:メガソーラーにおける地形をふくめた風の流れ

メガソーラーは規模が大きいため山間部などに設置されることもありますが、山頂部または谷合いで風の流れが大きく変わることがあります。3次元の地理条件(地形情報)データをCIMツールで作成し、それを基に流体解析ソフトウェアを用いて風の流れのシミュレーションを行うことができます。

  • 3次元地形モデル

    3次元地形モデル

  • 風環境解析

    風環境解析

小規模の場合:太陽光パネルおよび架台周辺の風の流れ

比較的小規模な太陽光発電システムでも、太陽光パネルの角度・方向や架台の組み方、隙間の配置などによっては風の影響により一部のユニットに大きな力が加わる可能性があります。このような場合には、各ユニットの3次元形状があればユニット単位で周辺の風の流れを検討することができます。

  • 風速分布

    風速分布

  • 流跡線

    流跡線

さらに詳しく知りたい方へ無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

太陽光発電システム周辺の風の流れを検証しよう 概要紹介

主な内容

  • 流体解析のアプローチ
  • さまざまな解析結果
  • 複数案のシミュレーション結果比較

関連トピックス

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます

ご相談・お問い合わせ

がんばろう日本

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会では
建設業・製造業など日本の企業を応援します