製造業向けコンサルティング

大塚商会では、製品設計に必要な3D CAD、CAD、PDMなどを活用するためのコンサルティングサービスをご用意しています。長年のCAD関連サポートで培ったノウハウから生まれた、3Dの活用レベルを上げるための技法(ベストプラクティス)をお客様にご提供します。

大塚商会が提唱するベストプラクティスとは(PDF)

ベストプラクティスをご提供するコンサルティングサービス

  1. 3D設計の新規導入

    3D設計ツールを新たに利用したいと考えているお客様に。

  2. 3D設計の本格利用

    設計部門全体への展開や3D設計でさらなる品質、生産性向上を検討しているお客様に。

  3. 全社活用(設計外利用)

    設計後の後工程や営業活動など、設計外でも3Dデータを活用したいお客様に。

    3Dデータ活用

設計環境の現状把握をしてみませんか?

ベストな運用方法を確立するためには、現在の運用で何が足りていないのかを把握し、改善策を検討していくことが重要です。本サービスでは、3D CAD、CAE、PDMの活用度を数値化してご報告します。

3D CAD運用の無償簡易診断サービス