1.KIZUKURIの構造計算とは?

木造の構造計算に関しては対象として、3階建てもしくは延べ床面積500m2を超える建築基準法でいうところの3号建築物については構造計算が必要です。ただし、2階建て平屋についても、長期優良住宅の耐震等級を取るために構造計算が必要です。近年、構造計算の主たる目的が後述に移ってきています。KIZUKURIはどちらの利用についても対応可能となっています。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

この動画についてさらに詳しく知りたい!

シリーズ動画