制御可能な点群データ取り込み

Vectorworks 2019では、.las、.laz、.pts、.e57、.xyzに加えてPLY形式を追加し、点群データの密度をコントロールして自動でのノイズ除去や選択範囲のデータを再定義できるようになりました。強化された点群対応の操作手法をご紹介します。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

この動画についてさらに詳しく知りたい!