IT導入補助金 対象製品

Vectorworksの使い方を分かりやすく解説(2019年度版)

Vectorworks 2019において、お問い合わせの多い使い方や操作方法について解説しています。Vectorworks 2019でもデザイナーの思いを形にするツールを数多く備え進化しています。

イメージエフェクトでコンセプトプレゼンを素早く作成

Vectorworks上で主要な画像編集ができるようになりました。PhotoshopやIllustratorのような編集アプリケーションに、いちいち出力し直す必要はありません。

イメージエフェクト機能はビューポートと取り込んだ画像に適用でき、プランニングで利用したVectorworks上でそのままプレゼンボードまで作成できます。

  • * 全てのエディションで利用可能。

新しいクリップキューブオプションで目を引くプレゼンテーション

シートレイヤービューポートでクリップキューブを利用できるようになりました。

制約のあるほかのソフトウェアとは異なり、クリップキューブにレンダリング設定やスタイルを割り当てることで、断面図やパース図を効率的に作成し、目を引くプレゼンテーション資料を作成できます。

  • * 全てのエディションで利用可能。

データタグで時間短縮

新しいデータタグツールは一貫性を伴う強力なタグ付けを可能にし、3Dモデルやビューポートにあるオブジェクトやシンボルの情報を表示できます。

データタグは、個別または自動的に複数のオブジェクトをタグ付けし、グラフィック表示を自由にカスタマイズできます。この機能によって時間を節約すると同時に、図面でのデータ表示の管理方法をシンプルにします。

  • * Architect、Landmark、Spotlight、Designerで利用可能。

制御可能な点群データ取り込み

「点群取り込み」コマンドによって、点群(ポイントクラウド)データを取り込めます。3Dレーザースキャナーで計測した点群データや市販されている点群データを設計の参照に利用することや、設計周辺背景として活用ができます。

取り込みポイント数は調整でき、取り込み後であっても部分的な表示/非表示が可能です。

  • * Architect、Landmark、Spotlight、Designerで利用可能。

ブライダルツールの搭載

Spotlightにブライダルの作成に対応するツール群を搭載しました。

スタックブライダルや2本吊り、3本吊り、4本吊りのブライダルを使うことで、パーツリストや組立図を作成できます。

  • * Spotlight、Designerで利用可能。

詳しい使い方を一冊の資料にまとめています

Vectorworksの豊富な搭載機能をご利用いただくに当たって、基本的な操作を一冊の資料にまとめています。無料でダウンロードいただけますので、お気軽にお取り寄せください。

資料ダウンロード(無料)