IT導入補助金 対象製品

ADS Family

建築基準法集団規定解析(天空率・斜線・逆日影・日影計算)システム

建築企画といっても企画立案者が抱えている条件は極めて多様です。土地の活用形態・建築容積の算出・建築意匠の創造的展開など、どれを優先するかによって筋道が分かれます。

ADS Familyは集団規定における計画敷地形状・与条件の把握から、優先順位の結論を先取りして、設計の骨組みを練り上げます。同時に企画設計におけるボリュームスタディ、基本設計における斜線・天空率・日影のチェックを解析専用システムならではのリアルタイムシミュレーションによって、設計者の柔軟で創造的な展開を幅広くご支援します。

製品特長

与条件設定

高さ制限解析を行ううえで必要となる敷地形状・与条件情報(道路幅貝・用途地域など)の設定を行います。敷地形状はCADからのコンバート、各種画像データにトレース、三斜求積図入力など多彩な入力で、どのような場面でも対応可能です。都市計画上の用途地域・日影規制などは複数にまたがる場合なども事前に設定可能です。

複数のケースで計算可能となる斜線・逆日影計算機能

1プロジェクトにつき複数のケースでシミュレーション可能な斜線・逆日影計算機能は、等高線図・断面図・アイソメ図などでご確認いただけます。断面図は平面上の切断面を移動するだけでリアルタイムに確認できます。

逆日影計算は低層タイプと高層タイプの2種類の計算が可能。高層タイプは事前に日影規制をクリアする範囲を確認できます。

各ケース共、計算(計画)範囲指定やメッシュピッチ指定により計画に応じた計算ができます。

リアルタイムチェックを可能とした建物編集機能

取り扱う建物形状は高さの異なるエリア単位にポリライン(ブロック)で指定します。ブロックは常にリスト表示しているため個々の変更も容易に行えます。

また単なる編集機能だけではなく、斜線チェックと日影チェックが建物編集と同時に行えます。

壁面日影にも対応した高精度日影・日照解析機能

独自の等時間日影計算手法となる追跡法により、高精度高速計算が実現します。またメッシュ法においても、敷地の規模に関係なくメッシュピッチは最小10cm(追跡法も同様)まで設定可能。壁面日影・等時間計算はもちろんのこと、指定点日影においては平面・壁面指定も自在に設定が可能で、登録済みポイントに対して節気・高さなどの切り替え(変更)により、瞬時に計算結果が得られます。

天空率シミュレーション機能

天空率計算で必要となる高さ制限適用建築物・計画建築物・測定ポイントは、従来の高さ制限(斜線・日影)のように建物全体に対して検討する方式とは異なり、敷地形状や道路接道状況に応じて、原則として境界線単位などで区域ごとに算定しなければなりません。

ADS Familyはデフォルトを対象境界線の間口に合わせた適合・計画建築物および測定ポイントを区域ごとに自動生成を行います。さらに、区域単位の回り込み処理をパラメーター設定により自動処理を行います。天空率計算に関してもシステム計算と一般的に用いられる求積計算および位置確認線も含め、一括計算が可能です。

逆天空率計算機能

逆天空率は日影規制シミュレーション時に行われる逆日影とは異なり、比較する元の建築物(適合建築物)がなければ算出できないため、更地の状態でのボリューム算定は実質的にできませんが、それらを補う形でさまざまな逆計算機能により天空率シミュレーションをアシストしています。

機能別に3製品からお選びください

  • ADS-win:高さ制限全般(天空率・斜線・日影・日照)解析ツールをお求めの方向け。
  • ADS-LAX:天空率(逆天空率機能付き)解析のみを行いたい方向け。
  • ADS-LA:とりあえず天空率(逆天空率機能なし)解析を行いたい方向け。

製品ラインアップ

ADS Familyをもっと知る