ANSYS Discovery Live

CADとCAEを統合。全く新しい設計者CAE向けシミュレーションツール

「設計で思いついたアイデアや改良は、すぐに検証したい」設計者ならばそう思うはずです。

検証方法の一つに解析がありますが、設計と解析は全く別々の作業です。必要なスキルや使用するツールも異なるが故に、変更が発生するたびに設計と解析を繰り返して検証しなければなりません。

ANSYS Discovery Liveは設計と解析を統合させたシミュレーションツールです。モデリングを変更させた瞬間に解析結果がリアルタイムに得られる、圧倒的なスピードが最大の特長です。

数秒で解析結果を返す圧倒的なスピード

ANSYS Discovery Liveは、構造解析、流体解析のどちらであってもほんの数秒で解析結果が得られます。設計スピードの向上、そして設計者の思考を妨げずに次々と設計アイデアを生み出す効果をもたらします。

この動画は音声が含まれていません。

概念設計に十分な解析機能

ANSYS Discovery Liveは、概念設計で設計者がCAEを行うことを目的としています。この段階で設計者が十分に解析を行える機能を搭載しています。

3次元形状をすばやく簡単にモデリングできる簡易CAD機能

  • 3Dモデル作成
  • 形状測定・分析
  • 形状修復
  • CAE用モデル作成・編集
  • STL修正・編集
  • 他CADモデルデータ読み込み(注1)
  • モデルデータ出力(注1)
  • (注1)ANSYS Discovery Live対応フォーマットについては、次のページよりご確認ください。
    対応フォーマット

設計上のさまざまな物理現象の計算・可視化する簡易CAE機能

構造解析線形静解析、モーダル解析
伝熱解析定常伝熱、過渡伝熱、熱伝導/熱伝達
流体解析非定常流れ、単相流流れ、非圧縮性流れ、乱流、自然対流
電磁界解析直流電流(ジュール発熱)
その他部品間接触(ボンド固着のみ)、トポロジー最適化、材料定義

メッシュ作成はANSYS Discovery Liveにお任せ

従来のCAEの操作は決して容易とはいえません。その理由の一つに、CAEならではの「メッシュ作成」という作業があります。ANSYS Discovery Liveでは、GPUがメッシュを自動的に作成してくれるため、ユーザーはメッシュ作成作業を意識せずに解析を始められます。

ラティス構造といった従来のCAEでは、メッシュを作成することが困難な場合もANSYS Discovery Liveなら数秒で解析結果が得られます。

そのほかのANSYS Discovery Liveならではの操作性

  • 画面上のクリックのみでほとんどの設定が可能。操作習得が容易に。
  • STLデータの読み込み、解析も対応。
  • データに穴が開いているなどのデータに欠落があったとしても解析が可能。

ANSYS Discovery Liveはこのようなシーンでご使用いただけます

  • 設計の上流工程での設計案出しやさまざまなパターンの形状検討に

  • 解析、実験のための予備解析として

  • 設計者と解析専任者のコミュニケーションツールとして

このほかにもCAD、CAEを価格面、運用面(保守、教育など)のコスト的な見地から導入を見送っていたお客様に対してCADとCAEがワンセットとなったANSYS Discovery Liveは入門ツールとして有効です。

製品ファミリー

ANSYS Discovery Liveの価格や動作環境はどうなっていますか?

ANSYS Discovery Liveの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。