IT導入補助金 対象製品

Autodesk Revit 動作環境

最小構成

OS64 bit版(注1)
CPUシングルコアまたはマルチコアのIntel、Xeon、またはi-SeriesのSSE2テクノロジー対応のプロセッサー、またはこれらに相当するAMDプロセッサー
入手可能な最高速度のCPUを推奨(注2)
メモリー8GBのRAM(注3)
HDD30GBのディスク空き容量
グラフィックス基本的なグラフィックス:24bitカラー対応のディスプレイアダプター
高度なグラフィックス:Shader Model5搭載のDirectX 11対応グラフィックスカードおよび4GB以上のビデオメモリー
ディスプレイ最小:1,280×1,024、True Color対応
最大:4K UHD モニター
ブラウザーInternet Explorer 10以降
周辺機器マイクロソフト互換マウス、または3Dconnexion互換デバイス
インストールメディアダウンロードまたは DVD9またはUSB キーからのインストール
その他.NET Framework バージョン 4.8以降
インターネット接続(ライセンス登録および必須コンポーネントのダウンロードに必要)
  • (注1)製品サポートのライフサイクルおよび詳細は次よりご確認ください。
    Autodesk 製品サポートのライフサイクル
    動作環境のOSに記載されている文言の意味は?
  • (注2)Autodesk Revit製品はさまざまなタスクで複数のコアを使用。
  • (注3)通常、単一モデルの一般的な編集セッションでは、最大約100MBのディスクメモリーで十分。この結果は社内検証による結果とユーザーからの検証報告に基づいており、実際のコンピューターリソースの使用とパフォーマンス特性は、モデルにより異なる。旧バージョンのRevit製品で作成されたモデルは、最新の状態に一度にアップグレードするプロセスにおいて、より多くのメモリーを必要とする場合がある。

推奨構成

OS64 bit版(注1)
CPUシングルコアまたはマルチコアのIntel、Xeon、またはi-SeriesのSSE2テクノロジー対応のプロセッサー、またはこれらに相当するAMDプロセッサー
入手可能な最高速度のCPUを推奨(注2)
メモリー16GB以上のRAM(注3)
HDD30GBのディスク空き容量
グラフィックスShader Model5搭載のDirectX 11対応グラフィックスカードおよび4GB以上のビデオメモリー
ディスプレイ最小:1,680×1,050、True Color対応
最大:4K UHDモニター
ブラウザーInternet Explorer 10以降
周辺機器マイクロソフト互換マウス、または3Dconnexion互換デバイス
インストールメディアダウンロードまたは DVD9またはUSB キーからのインストール
その他.NET Framework バージョン 4.8以降
インターネット接続(ライセンス登録および必須コンポーネントのダウンロードに必要)
  • (注1)製品サポートのライフサイクルおよび詳細は次よりご確認ください。
    Autodesk 製品サポートのライフサイクル
    動作環境のOSに記載されている文言の意味は?
  • (注2)Autodesk Revit製品はさまざまなタスクで複数のコアを使用。
  • (注3)通常、単一モデルの一般的な編集セッションでは、最大約300MBのディスクメモリーで十分。この結果は社内検証による結果とユーザーからの検証報告に基づいており、実際のコンピューターリソースの使用とパフォーマンス特性は、モデルにより異なる。旧バージョンのRevit製品で作成されたモデルは、最新の状態に一度にアップグレードするプロセスにおいて、より多くのメモリーを必要とする場合がある。

大規模プロジェクトモデル

OS64 bit版(注1)
CPUシングルコアまたはマルチコアのIntel、Xeon、またはi-SeriesのSSE2テクノロジー対応のプロセッサー、またはこれらに相当するAMDプロセッサー
入手可能な最高速度のCPUを推奨(注2)
メモリー32GB以上のRAM(注2)
HDD30GBのディスク空き容量
10,000 rpm 以上のハードドライブ(点群を使用する場合)、またはソリッド ステートドライブ
グラフィックスShader Model5搭載のDirectX 11対応グラフィックスカードおよび4GB以上のビデオメモリー
ディスプレイ最小:1,920×1,200、True Color対応
最大:4K UHDモニター
ブラウザーInternet Explorer 10以降
周辺機器マイクロソフト互換マウス、または3Dconnexion互換デバイス
インストールメディアダウンロードまたは DVD9またはUSB キーからのインストール
その他.NET Framework バージョン 4.8以降
インターネット接続(ライセンス登録および必須コンポーネントのダウンロードに必要)
  • (注1)製品サポートのライフサイクルおよび詳細は次よりご確認ください。
    Autodesk 製品サポートのライフサイクル
    動作環境のOSに記載されている文言の意味は?
  • (注2)Autodesk Revit製品はさまざまなタスクで複数のコアを使用。
  • (注3)通常、単一モデルの一般的な編集セッションでは、最大約700MBのディスクメモリーで十分。この結果は社内検証による結果とユーザーからの検証報告に基づいており、実際のコンピューターリソースの使用とパフォーマンス特性は、モデルにより異なる。旧バージョンのRevit製品で作成されたモデルは、最新の状態に一度にアップグレードするプロセスにおいて、より多くのメモリーを必要とする場合がある。
  • * 最新のシステム要件はメーカーサイトよりご確認ください。また、Revitクラウドワークシェアリング、RevitServer、Citrix、Vmwareの構成などはオートデスク社のWebサイトに情報がありますので、必要に応じてご確認ください。
    Autodesk Revit製品の動作環境