BLK360

点ではなく面で一気にスキャンするからスピーディー。手のひらサイズの建設業全般向け3Dスキャナー

BLK360は測量機メーカーのライカジオシステムズから発売されたとあって、建設業全般で使いやすい設計・機能を備えた3Dスキャナーです。

  • ポータブル:大人の手のひらに乗るサイズで、携帯性に優れている。
  • スピーディー:TOF方式をベースとしたWave Form Digitizing (WFD:ウェーブフォームデジタイジング)技術を採用。
  • 使いやすさ:ワンボタンでスキャン開始。
  • データ互換性:Autodek ReCap Proとコラボレーション。

建設土木現場での使いやすさを重視

BLK360は直径100mm(ミリメートル)、高さ165mm、重量約1kg(キログラム)と大人の手のひらに乗るサイズです。

建設土木現場では、対象物を何箇所かに設置し、さまざまな方向からデータをスキャンするため、軽くて移動がしやすいという点は有効です。

外観レビュー

スピーディーなスキャンを実現する理由

レーザースキャニングは、TOF方式と位相差方式の二つの方式があります。BLK360はTOF方式をベースとしたWave Form Digitizing(WFD:ウェーブフォームデジタイジング)技術を採用しています。

TOF方式レーザーを発射してから測定対象物に反射し返ってくるまでの時間を計測して距離を算出
位相差方式複数に変調させたレーザー光を照射し、対象物に当たって戻ってきた拡散反射成分の位相差により、対象物との距離を求める方法

一般的にTOF方式は位相差方式に比べ、長距離・広範囲の計測を得意としますが、データの取得に時間がかかります。一方で位相差式は、大量の点群データを短時間で取得できます。位相差方式のスキャナーは、距離が離れるに従って標準偏差が大きくなります。また、計測時の品質モードの差で出る精度差は、距離が大きくなるに従って顕著になります。一方、TOF方式ではそこまで大きな差が出ません(東京大学調べ)。

つまり、BLK360はエントリーレベルのイメージングスキャナーとして、近距離の現況計測用に向いています。

計測時間

BLK360はレーザー光の間隔(密度)別に三つのモード(High、Medium、Low)から選び、スキャンします。それぞれの計測時間(写真撮影込み)は表をご覧ください。

モードレーザー光の間隔対象物までの距離計測時間
High5×5mm10m約5分20秒
Medium10×10mm10m約3分30秒
Low20×20mm10m約2分30秒

実際のスキャンデータ

BLK360でスキャンしたデータをご覧ください。高密度で点群データを取得できることが分かります。

点群データ(スキャン密度High)

スキャンデータ

BLK360でスキャニングした後は……

BLK360の操作およびスキャンデータの転送はiPad Pro上でアプリを使用します。Autodesk ReCap Proとの連携操作を動画でご覧ください。

大塚商会ではソフトの使い方をご指導します

スキャンデータ転送後はAutodesk ReCap ProもしくはLeica Cyclone REGISTER 360のソフトを使い点群データ処理を施します。大塚商会ではソフトの使い方をオンラインでサポートします。

使い方サポート

BLK360の価格や動作環境はどうなっていますか?

BLK360の価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

本製品はライカジオシステムズ株式会社よりリリースされました。詳しい情報はメーカーサイトも合わせてご確認ください。

ライカジオシステムズ株式会社 Leica BLK360 イメージングレーザースキャナー