IT導入補助金 対象製品

CIMPHONY Plus

3次元位置・時間・地図……さまざまな情報を元に生産性向上を実現するクラウドサービス

CIMPHONY Plusは、3次元点群の現況データや3次元モデルの計画データを元に、現場の進捗確認・分析・リスク検討を行うクラウドサービスです。また、遠隔地からの検査指示および計測結果のリアルタイム連携も実現。非対面での協議や立ち会い検査を支援します。

現場状況を「見える化」

3次元地図上で現場共有

国土地理院が提供する「地理院地図」や「標高タイル」、またはOSM 財団が運営する「OpenStreetMap」を利用し、クラウド上で3次元地図を表現し、地図上で工事現場データを共有。データを時間軸と位置情報で管理することで、受発注者間や関連業者間において、一連の工事状況の「見える化」を実現します。

撮影日時と位置情報で写真共有

撮影日時や位置情報を含んだ現場写真データを3次元地図上に配置・保管でき、工事の進捗に応じた現場写真の管理が行えます。写真データ以外にもさまざまなドキュメントを3次元地図上に配置・保管が可能です。また、平面図を下図として利用でき、現場の状況と写真管理が密接につながります。

あらゆる角度から現場状況を把握

クラウド上で断面形状算出・図面データ作成/工事進捗に関わる土量計算が行えます。簡易計測や断面抽出による現状の把握、差分土量計測による進捗確認にも役立ちます。

断面

計測データから断面形状の確認・抽出が行えます。DXF形式でのダウンロードも可能です。

現況比較

計測データ間の比較、設計データとの比較による差分土量算出ができます。

土量進捗

日々の計測データを元に、土量進捗管理が行えます。

ほかシステムとの連携で、より効率的に

CIMコミュニケーションシステム「TREND-CORE」で作成した3Dモデル+3DA(三面図)データを、ボタン一つでCIMPHONY Plusへアップロードします。CIMPHONY Plus上で構造物に対する詳細な設計の見える化を実現し、効率的に設計意図が共有できます。

TREND-CORE 製品情報

CIMPHONY Plusをもっと知る