DesignBuilder モジュール

DesignBuilderはさまざまなモジュールと連携することで、エネルギー・コスト以外にも環境デザインのツールとしてご使用いただけます。

Visualizationモジュール

DesignBuilderのビジュアル化機能により、最小の手間で鮮明でリアルな質感の画像が得られます。

モデル作成中にビジュアル化タブをクリックするとレンダリングされた画像が得られ、ズームやパンで建物の外観を確認したり、ウォークスルーでモデリングした建物内部に入ったりすることもできます。

  • 建物外部レンダリング

  • 建物内部レンダリング

CFDモジュール

建物モデルにCFD(コンピューターを用いた数値流体力学)の概念を統合すれば、建物内外の空気フローと温度環境をシミュレーションできます。

  • 冷暖房機の設置位置
  • 建物の形状
  • 窓、換気・吸気口の配置と屋内温度環境
  • 屋内外の空気の流れ
  • ダブルスキン内の気流 など
  • 吹き抜け部のCFD解析結果

  • ダブルスキン付近のCFD解析結果

  • 建物外部のCFD解析結果

  • 建物内部のCFD解析結果レンダリング

HVACモジュール

EnergyPlusの広い範囲のHVACタイプをサポートし、強力で柔軟な方法をご提供します。ASHRAE 90.1 基準HVACシステムを含むコンポーネントをサポートし、空気・水両方をモデル化することができます。

各種コンポーネント、ミキサー、スプリッターの配置による温冷水の供給、凝縮器、エアーループなどのグラフィカルな定義を行った解析が可能です。ボイラー、冷却機、加熱コイル、ヒートポンプ、冷却コイル、ポンプ、ファン、加湿器などを含む拡張可能なEnergyPlusのライブラリをご使用いただけます。

HVACシステム編集画面

Daylightingモジュール

各ゾーンの平均的な昼光率と均一性を出力します。各ゾーン・ブロック内または建物全体を通じて、スライスを生成し高品質な照度のコンター(等高線)をプロットできます。

Daylightingモジュールは現在広く使用され信頼性のあるRadianceという採光シミュレーションエンジンを使用しています。CIE曇天空を含むさまざまなタイプの空を指定してシミュレーションできます。

  • 照度計算コンター

  • 昼光分布マップの表示