FreeScan UEシリーズ

高精度な検査・測定の技術を身近に

FreeScan UEシリーズは、製造や品質など検査管理への活用を主にターゲットにした、精度の信頼性と作業の効率化を追及したハンディタイプの3Dスキャナーです。VDI / VDE 2634 part3に準拠した試験をパスし、320万画素の高性能センサーと直感的なインターフェイスで、特別なトレーニングを必要とせずメトロロジークラスの測定を行えます。

FreeScan UE7:2,460,000円(税別)

価格のご相談・お問い合わせ

動画で分かる FreeScan UEシリーズ

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

特長

人間工学に基づいた軽量デザイン

FreeScan UEシリーズは750g、FreeScan Proは840gと軽量で、人間工学に基づいたデザイン。

幅広い素材に対応

波長の短いブルーレーザーを用いることで、黒色や高反射性表面のスキャンに対応。対象物の色や材質を問わずクラス最高レベルのスピードで計測することができます。事前のパウダー塗装が必要なくなり、より効率的なスキャン処理を実現。

各種ソフトウェアとシームレスな連携

スキャンデータは、Geomagic Control X、Geomagic Design Xなどの各種ソフトウェアにワンクリックで取り込めます。測定した点群やメッシュデータをシームレスに素早く移行でき、ワークフローの効率化を実現します。

日本語インターフェイス

直感的で分かりやすいShining 3D社共通のインターフェイスを採用。日本語化されたメニューで誰にでも簡単に操作可能。従来のような難しいトレーニングやスキルが不要です。

専用キャリングケース

キャスター付き付属キャリングケースに必要な全てのアセンブリが収納できます。必要なタイミングにどこへでも持ち出せるメトロロジークラスの3Dスキャナーです。

ラインアップ