Lumicept BIM連携

Lumicept(旧INSPIRER)Autodesk Revitとの連携

LumiceptおよびAutodesk Revitユーザー向けにRevit用アドイン「OmniPort / RV」が無償提供されています。OmniPort / RVをご使用いただくと、Revitで作成されたBIMデータを自動的に変換し、空間内の照明シミュレーションを行えます。

ボタン一つでデータ連携が可能に

OmniPort / RVインストール後、Revitを起動するとアドインリボン上に「OmniPort」のアイコンが表示され、Lumiceptへのデータエクスポートが可能になります。

インストーラーはインテグラの顧客サポート用サイトからダウンロードいただけます。

RevitからLumiceptに変換されるもの

 要素
形状三角形メッシュ(頂点・結線情報)、面法線、UVデータ
マテリアル反射(拡散/鏡面)、透過(拡散/鏡面)、屈折、光沢、テクスチャー、バンプ
カメラ位置、視野角(FOV)、ティルト・シフト
光源位置、向き、広がり、色(RGB/色温度)、強度(lm)、配光分布(IES/球/半球/スポット)、保守率(光損失係数)
太陽光緯度/経度/タイムゾーン、日時、基準方角(真北方向)
その他背景色

RevitからLumiceptに変換されないもの

以下の要素やデータについては、OmniPort / RVにより変換を行えません(2019年6月現在)。

  • RPC(Rich Photorealistic Content:木や樹木、自動車などがこれにより定義されている)
  • 木材マテリアルの「ステイン」
  • 一般マテリアルの「イメージのフェード」
  • テクスチャー生成「チェッカーやグラデーションなど」

GRAPHIFOFT ARCHICADとの連携

LumiceptおよびGRAPHISOFT ARCHICADユーザー向けにARCHICAD用アドイン「OmniPort / AC」が無償提供されています。OmniPort / ACをご利用いただくと、ARCHICADで作成されたBIMデータを自動的に変換し、空間内の照明シミュレーションを行えます。

OmniPort / ACにより、ARCHICAD上で設定されたマテリアルや光源などの情報を、Lumiceptでの照明シミュレーションに適した形に自動的に変換することができます。形状についても、これまでのように中間ファイルを介すること無くダイレクトに変換されるため、より正確かつ高精度に行われます。

Rhinoceros 3Dとの連携

LumiceptおよびRhinoceros 3Dユーザー向けにRhinoceros 3D(Rhino 3D)のネイティブ・ファイル(3DMファイル)の読み込みがサポートされています。Rhinoceros 3Dで作成した形状をより正確かつ高速にLumiceptに取り込めます。

この機能は、Lumiceptの標準機能としてご提供しています。