Lumicept(旧INSPIRER) BIM連携

LumiceptおよびAutodesk Revitユーザー向けにRevit用アドイン「OmniPort / RV」が無償提供されています。OmniPort / RVをご使用いただくと、Revitで作成されたBIMデータを自動的に変換し、空間内の照明シミュレーションを行えます。

ボタン一つでデータ連携が可能に

OmniPort / RVインストール後、Revitを起動するとアドインリボン上に「OmniPort」のアイコンが表示され、Lumiceptへのデータエクスポートが可能になります。

インストーラーはインテグラの顧客サポート用サイトからダウンロードいただけます。

RevitからLumiceptに変換されるもの

 要素
形状三角形メッシュ(頂点・結線情報)、面法線、UVデータ
マテリアル反射(拡散/鏡面)、透過(拡散/鏡面)、屈折、光沢、テクスチャー、バンプ
カメラ位置、視野角(FOV)、ティルト・シフト
光源位置、向き、広がり、色(RGB/色温度)、強度(lm)、配光分布(IES/球/半球/スポット)、保守率(光損失係数)
太陽光緯度/経度/タイムゾーン、日時、基準方角(真北方向)
その他背景色

RevitからLumiceptに変換されないもの

以下の要素やデータについては、OmniPort / RVにより変換を行えません(2019年6月現在)。

  • RPC(Rich Photorealistic Content:木や樹木、自動車などがこれにより定義されている)
  • 木材マテリアルの「ステイン」
  • 一般マテリアルの「イメージのフェード」
  • テクスチャー生成「チェッカーやグラデーションなど」