IT導入補助金 対象製品

TREND-CORE 機能紹介

3D設計データの作成

ICT施工や計画土量算出、面的出来形管理などi-Constructionで利用する3次元設計データの作成を行えます。発注図書(平面図および縦横断図)を基にデータ入力を行い、数値入力情報を比較する設計照査にも対応しています。

発注図を利用したモデリング

発注図を取り込み、下図として3Dモデル作成にご利用いただけます。横断図も下図として、モデルの入力編集に利用可能です。横断図を参照し、形状をマウス指定することと自動的に線形に沿って道路や側溝、法面などを配置できます。

重機可動範囲や危険箇所を「見える化」

配置した重機モデルの性能に沿った可動範囲を鳥かごのような表現で「見える化」。重機の配置計画にご利用いただけます。また、電柱や電線・架線からの安全離隔距離も容易にモデル化できるため、視覚的に危険箇所の把握ができ、施工計画検討や安全管理に役立ちます。

  • 可動範囲が見える

  • 危険箇所が見える

4D施工ステップモデル作成で施工手順を「見える化」

施工ステップごとにモデル化した施工場面を再現する「4D施工ステップ作成機能」で、施工手順や変更案の比較、進捗状況などを「見える化」します。発注者との設計協議では、表現力の向上と協議時間の短縮が図られるほか、地元住民説明会においては臨場感のある分かりやすい説明が可能となります。モデルに付与した工程、試験結果、担当者など、さまざまな属性情報を使った多彩な表現で施工計画の検討・共有を支援します。

データ提供:株式会社松本組※

TREND-POINT連携

TREND-COREで計画したモデルをTREND-POINTで作成した現況点群に配置。既設の構造物などとの干渉確認および計測が可能です。ドローンやレーザースキャナーで取得した現況点群に対し、計画モデルを配置することで発注者や協力会社との打ち合わせ時に完成イメージを共有できます。

データ提供:YDN(やんちゃな土木ネットワーク)

施工段階での情報を一元管理

TREND-COREに施工段階で作成された図面・書類・写真といったファイルやURLをリンク登録できます。3Dモデルをベースにした工事成果品の一元管理を実現します。情報の検索もスピーディーに行え、検査時の説明もスムーズ。さらに、3Dモデルに属性を付加することで、施工DBに蓄積され、MDB形式で出力できます。Microsoft Officeをはじめとする各種システムでもご利用いただけるため、維持管理情報としても役立ちます。

  • 図面・書類・写真をリンク登録できる

  • 自由に属性を設定できる