設計段階におけるCAE(解析)活用で、鋳物部品の軽量化(材料費削減)を実現

ポンプメーカーである「おかもとポンプ様」では、CAE活用により設計1件あたり、250万以上のコスト削減効果を出しています。

  • 試作・試験回数の削減
  • 不具合(手戻り)防止
  • 適正設計による軽量化(材料費削減)

詳しくは資料をダウンロードしてご確認ください。

さらに詳しく知りたい方へ無料資料ダウンロード

設計段階におけるCAE活用で、鋳物部品の軽量化を実現。実現するためには具体的にどうすれば良いのか? 実際に現場であった事例でご紹介します。詳しくは資料をダウンロードしてご確認ください!

シミュレーション(解析)によるコスト削減効果

主な内容

  • シミュレーション(解析)によるコスト削減
  • コスト削減効果
  • ユーザー様事例ご紹介(おかもとポンプ様)

資料ダウンロードお申し込み

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます

ご相談・お問い合わせ

がんばろう日本

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会では
建設業・製造業など日本の企業を応援します