• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

実際の現場で起こった! 解決事例ダウンロード

製造現場のお客様からよく寄せられる質問を大塚商会CADエンジニアが解説します

製造業の開発・設計部門のお客様から寄せられる疑問に対し、大塚商会のCADエンジニアが解説した資料をアーカイブ。資料は全て無料でダウンロードいただけますので、ぜひお気軽にお取り寄せください。

記事一覧

3次元データ活用に有効なデータ配信方法
3次元CADに加えてデータの管理ツール(PDM)は設計部署内のチーム設計促進、既存部品の流用促進、仕掛けデータのバージョン管理といった場合に、非常に強力な力を発揮するツールです。PDMで管理された3次元CADデータを、どのように設計以外の部署へ配信す...
統合型グループウェア eValueNS Engineering Pack のご紹介
製品構成(BOM)に関連付けて管理することで重複管理もなく、製品に関わる図面や技術文書の入手が容易にできます。さらには、一括印刷や設計変更時の変更部品の利用先検索も!
さらなる業務効率化を実現するためのBOM活用
製品構成情報(BOM)は設計時の部品構成を表現するだけでなく、見積りや計画、生産準備、コスト分析、サービス業務など、さまざまな場面での有効活用が考えられます。そして、BOMを幅広く活用することで、さらなる業務効率化を実現することが出来ます。その具体的...
早期立上げを実現するPDMシステム
PDMシステムを導入することにより生産性の向上や原価低減、顧客満足度の向上に寄与する生産システムを確立することが可能に。その方法とは?
バリエーション設計の効率化
バリエーションを定義し、部品の取り付け部を標準化し、さらに全ての組み合わせで問題をつぶしこまなくてはならない設計作業は大変な労力を要します。バリエーション設計を効率化する方法をご紹介します。
PLMシステムによって実現される情報管理・活用方法
近年、PDM/PLMシステムで技術情報をBOM中心に管理・共有し、業務改善に取り組むケースが増えてきています。さらに一歩進みBOM情報を管理し、さまざまな部署・場面で有効活用するために、業務形態に合わせてさまざまな機能が要求されています。
CADデータ管理に必要な機能と対象製品の検討
自社にあったCADデータ管理の方法を検討する場合、どのように管理したらよいのか?
効率良い3次元金型設計
「金型の3次元設計をしましょう」といっても実際はメリットだけではなく、データ変換、3次元データ作成の効率化、製品面のオフセットなどさまざまな問題に直面します。実現しにくいと思われている金型設計の効果的な3次元化をいま一度考えてみませんか?
CAD/CAEシステムを利用したコンポジット設計へのアプローチ
これからのものづくりに欠かせない「コンポジット設計」を最適化。CFRP製品の生産を効率化したい方はぜひご覧ください。
自動設計を取り入れた、設計業務の改善
汎用的な3DCADシステムをベースに自動設計システムの仕組みや“テンプレート設計手法”を取り込み、効率化と省力化を実現が可能に!
Inventor『iLogic』を利用した設計業務の効率化
『iLogic』でInventorで作成したパーツ・アセンブリにルールを埋め込み標準化や自動化のシステムの構築が可能に!
コスト検討のフロントローディングを実現
設計段階から3次元CAD上で、設計上のコスト(デザインコスト)を算出、検討することにより、開発上流でのコスト検討が可能となります。その具体的な方法とは?
板金コスト積算ツールを活用した、原価低減
板金コスト積算ツールを活用した、原価低減。その具体的な方法とは?
テンプレート設計を利用した標準化への取り組み
テンプレート設計の活用は設計工数の削減や設計期間の短縮に大きく寄与出来る取り組みとなります。
線形解析VS非線形解析の違いとは?
解析もされている方で、現物とのギャップに悩む方も多いのではないでしょうか?原因の一つに「線形解析の限界」があります。この限界を超えた部分を計算するために非線形解析ツールも用意されています。今回は線形解析と非線形解析の違いをご紹介します。
設計者解析を推進する“CAEテンプレート”
よく行われる解析ケースについては、モデルの置き換えと解析結果の更新作業のみで結果が得られる「CAEテンプレート」という運用方法が有効です。解析のコマンドはほとんど操作しないため設計者に展開しやすく、上流工程での高品質化が図れます。
流体解析で最適設計を実現
熱流体解析は古くから実用化されていますが、最近は設計者が簡単に使用できるものが増えてきています。発熱量などにより異なりますが、試作を行う前に解析で最適案を選定できます。
設計者が行う振動解析
振動解析では一体どのようなことができるのでしょうか? 一口に振動解析といっても幾つかの解析種類があり、現象に応じて使い分ける必要があるため、その運用には注意が必要となります。
成形不良の改善
プラスチックの成形不良でお困りではありませんか?樹脂流動解析(CAE)で不具合を事前検討し、コストダウンを図る運用が近年加速しています。
設計段階におけるCAE(解析)活用で、鋳物部品の軽量化(材料費削減)を実現
設計段階におけるCAE(解析)活用で設計1件あたり、250万以上のコスト削減効果!
3Dデータを活用した、海外生産向け作業指示書の作成
海外生産において“作業指示を的確に伝える”ことに苦慮されてはいませんか?3Dデータを上手に利用することで、分かりやすい作業指示書をすばやく作成することができます。
3Dデータを利用したドキュメント作成システム
3Dデータを有効活用することで、高品質なイラストを効率的に作成する事が可能に。その方法とは?
3Dデータを活用したドキュメントで設計変更の対応を効率アップ!
3D-CADから変換した軽量3Dデータを利用してイラストを作成するツールには設計変更の追従機能があり、設計変更後のドキュメント変更作業の効率アップを図れます。その具体的な方法とは?
D3 TEXUTUREで実現するデジタルシボ・エンボス
樹脂部品の表面に施されたシボや、容器等に施されるエンボス加工など、今までデジタル化が難しかった、細かな凹凸形状をデジタル化することが可能になってきており、注目されています。その方法とは?
リバースエンジニアリングで設計効率や品質の向上
現在のリバースエンジニアリング環境は一昔前とは違います!
3Dデータを“正”としたプロセス改革
3Dデータを“正”としたプロセス改革を既に行い、実際に効果を出しているお客様の事例を紹介します。
開発フェーズ別の3Dビューアデータの活用例と注意点
3D-CADから変換した軽量3Dデータを利用し、各開発フェーズで3Dデータ活用が広まっています。また、3Dデータ活用を支える、データ管理の仕組みも重要になっています。その具体的な方法とは?

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP