CAD/CAEシステムを利用したコンポジット設計へのアプローチ

軽量で強度も高いことからCFRPなどのコンポジット(積層材)設計が注目されています。CATIA V5のコンポジットデザインは3Dモデルに対し、ゾーン定義・グリッド定義からプライの特性・繊維方向設定ができ、その材料特性を解析に引き継ぐことができます。製造工程へも、ふけい性やダートを考慮したフラットパターンの生成を行い、ネスティング・カッティングへの流用も可能です。 これからのものづくりに欠かせない「コンポジット設計」を最適化。CFRP製品の生産を効率化したい方はぜひご覧ください。

厚み、各層の検討図

資料ダウンロード

ゾーン定義・グリッド定義からプライの特性・繊維方向設定ができるコンポジット設計を実現するためには具体的にどうすれば良いのか?実際に現場であった事例でご紹介します。詳しくは資料をダウンロードしてご確認ください!

資料ダウンロード