流体解析で最適設計を実現

熱流体解析は古くから実用化されていますが、最近は設計者が簡単に使用できるものが増えてきています。右図のような、発熱体を含んだ製品においてどちらがより良い設計だと思いますか?発熱量などにより異なりますが、試作を行う前に解析で最適案を選定できます。

流体解析で最適設計を実現 イメージ

資料ダウンロード

熱流体解析を使うと、試作を行う前に解析で最適案を選定できます。実際に現場であった事例でソリューションをご紹介します。詳しくは資料をダウンロードし、ご確認ください。

資料ダウンロード