流体解析で最適設計を実現

熱流体解析は古くから実用化されていますが、最近は設計者が簡単に使用できるツールが増えてきています。右図のような、発熱体を含んだ製品においてどちらがより良い設計だと思いますか? 発熱量などにより異なりますが、試作を行う前に解析で最適案を選定できます。

詳しくは資料をダウンロードしてご確認ください。

さらに詳しく知りたい方へ無料資料ダウンロード

熱流体解析を使うと、試作を行う前に解析で最適案を選定できます。実際に現場であった事例でソリューションをご紹介します。詳しくは資料をダウンロードし、ご確認ください。

熱流体解析で最適設計を実現!

主な内容

  • 熱流体解析の基本事項
  • 熱対策の手段
  • 自然空冷と強制空冷のポイント

資料ダウンロードお申し込み

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます

ご相談・お問い合わせ

がんばろう日本

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会では
建設業・製造業など日本の企業を応援します