• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

レビューやマークアップ機能も使えるeDrawings Viewer

無償版の機能が広がりました!

eDrawingsは2次元図面や3次元モデルのスムーズな共有を促すビューアーです。

eDrawings 2018以前はProfessional(有償)でのみ使用可能だった構成部品移動・断面表示・測定・マークアップといった機能が、eDrawings Viewer(無償)で利用できるようになりました。あらためてそれぞれのツールでできることを確認しておきましょう。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

レビューやマークアップ機能が使用可能になったeDrawings Viewer

無償版のeDrawings Viewerは3次元モデルや2次元図面の効果的なビューイングを行い、eDrawingsデータに直接マークアップ・コメントすることで効率的なデザインコミュニケーションを実現します。

構成部品の移動 アセンブリファイルで構成部品を自由に移動
断面表示 デフォルトのXYZ軸の平面またはグラフィック領域で指定したモデル面に断面平面を作成し、モデルを断面表示
分解図 アセンブリの分解状態と解除状態を切り替え
アノテートアイテムビューを表示 SOLIDWORKSで作成したアノテートアイテムビューを指定し、表示を切り替え
3Dビュー SOLIDWORKS MBDにより作成した3Dビューを表示
測定 部品、アセンブリ、図面のファイルで正確な寸法を測定
マークアップ ドキュメントにマークアップを追加し、レビューの記録やコミュニケーションに
スタンプ 自社用スタンプの作成も可能
コメント コメントの追加、返信をスレッド形式で作成

構成部品の移動

断面表示

分解図

アノテートアイテムビューを表示

3Dビュー

測定

マークアップ

スタンプ

コメント

Web HTMLやVR(仮想現実)に対応したeDrawings Professional

有償版のeDrawings Professionalでは、無償版の全ての機能に加えて、ブラウザーで閲覧可能なWeb HTMLファイルとしての保存や仮想現実(VR)※1に対応しています。

※1 VRはeDrawings Professional 2019 SP2.0以降で、Windows 10が必要(eDrawings Professional 2019は、Beta版で環境変数の設定が必要)。

モバイル版 eDrawings

AndroidやiOS搭載のモバイルデバイスでもeDrawingsを利用する「モバイル版 eDrawing」では、カメラを使用し作成した3Dモデルを設置したい位置に実寸で表示するAR(拡張現実)機能をご利用いただけます。

ARバーコードをデバイスで直接表示もしくは紙に印刷してモデルを表示したい位置に設置し、カメラを向けるとARバーコード上に3Dモデルが実寸で表示される仕組みです。

ARバーコードをデバイスで直接表示する場合は、モデル表示用のデバイスが別途必要

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

設計アイデアを簡単に共有できる2D・3Dビューアー eDrawings

主な内容
  • eDrawings概要
  • eDrawings Viewer / eDrawings Professional Windows版
  • 機能マトリックス

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP