ラティス、製造現場の図面レスを支援する3DWeb 配信ソリューション新バージョンをリリース

ラティス・テクノロジー株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役社長 鳥谷 浩志、以下 ラティス)は、タブレット上で3Dモデルの断面と寸法表示を可能にしたWeb配信ソリューション「XVL Web3DManager」の最新バージョン Ver.4.2(以下 新バージョン)を、2020年4月15日(水)に販売を開始します。新バージョンでは図面上の情報を3Dモデルで配信、必要な情報を現場確認できるので、図面レスを強力に支援します。

働き方改革の中、製造業でも生産性向上や従業員満足度向上を実現する環境づくりが求められています。しかし、そのボトルネックとなっているのが、紙図面の存在です。現在、紙図面をベースとした製造現場はアナログな手作業に依存しているため、組立情報の記入漏れ、設計変更への追従遅れ、寸法記載ミス、図面の保管場所を確保、さらには情報漏えいといった多くの課題を抱えています。そこで注目を集めているのがタブレットを活用した製造現場の図面レス化です。

アフターサービスの中でも特に注目を集めているのがサービスカタログ分野です。従来、紙によるサービスカタログは、サービスマンが外出先で閲覧できない、部品特定に時間を要するという課題がありました。また、カタログ制作者にとっても、紙ベースではタイムリーな更新が難しく、増加するバリエーションに応じたサービスカタログを作成するのに膨大な工数が掛かる、という課題がありました。

新バージョンでは、タブレットなどに特別なソフトウェアをインストールすることなく、Webブラウザー上で大規模な3Dモデルによる組立図や、3Dアニメーションによる組立手順書の配信も可能です。ラティス独自のサーバー技術を搭載、サーバー側の曲面データを参照することで、他社ソフトでは困難なタブレット上での高精度の断面表示や寸法確認が可能になっています。

現場作業者はブラウザー上で3Dモデルの確認したい箇所をリアルタイムに断面確認したり、部品間の距離も精度高く計測できるので、試作時の問い合わせ件数や確認時間が削減可能、また、設計者の事前準備工数も大幅に削減します。さらに、不慣れな作業員や外国人労働者もブラウザー上で作業手順を3Dアニメーションで確認できるので、手順を即座に理解でき、3Dの組立手順書は生産準備の垂直立上にも貢献します。

ラティスは、一気通貫した3Dデータの徹底活用で業務革新を強力にサポートすることで、製造業のデジタルトランスフォーメーションに貢献していく考えです。

新バージョンとWeb配信ソリューション「XVL Web3DManager」に関するご質問は、ラティス・テクノロジーにお問い合わせください。

ラティス、製造現場の図面レスを支援する3DWeb 配信ソリューション新バージョンをリリース

ラティス・テクノロジー株式会社

ラティス・テクノロジー株式会社は、ネット上での軽量3Dソリューションを提供するために1997年10月、慶應義塾大学(当時)の千代倉弘明教授らが中心となって設立したソフトウェアベンチャー企業です。世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術XVLをベースとした3Dデータ活用ソリューションをご提供しています。設計を検証するデジタルモックアップから設計・製造情報を伝達するためのテクニカルドキュメントまで、3Dデータ活用のソリューションを幅広くご提供しています。

本社 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10階
サイト ラティス・テクノロジー株式会社
代表取締役社長 鳥谷 浩志
資本金 7億円
設立 1997年10月

XVLはラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。