【ニュースリリース】ラティス・テクノロジー株式会社

設計資産の3D CADデータを全社で活用・共有し、業務最適化や製品開発プロセスのさまざまな課題を解決。世界最高水準の性能を持つ軽量3D「XVL」技術の開発と製造業向けソリューションを展開するラティス・テクノロジー株式会社からのニュースリリース。

記事一覧

ラティス・テクノロジー株式会社

ラティス・テクノロジー株式会社は、ネット上での軽量3Dソリューションを提供するために1997年10月、慶應義塾大学(当時)の千代倉弘明教授らが中心となって設立したソフトウェアベンチャー企業です。世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術XVLをベースとした3Dデータ活用ソリューションをご提供しています。設計を検証するデジタルモックアップから設計・製造情報を伝達するためのテクニカルドキュメントまで、3Dデータ活用のソリューションを幅広くご提供しています。

本社 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10階
サイト ラティス・テクノロジー株式会社
代表取締役社長 鳥谷 浩志
資本金 7億円
設立 1997年10月

XVLはラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。