SOLIDWORKS 2022の操作が早いワークステーションを比較してみた

HPタワー型ワークステーションベンチマークテスト

SOLIDWORKS 2022は、品質とパフォーマンスが大幅に向上し、モードや設定を気にせずに短時間でより多くの作業を行えるようになりました。最新タワー型ワークステーション5モデルを用いて、SOLIDWORKS 2022の処理速度にどのくらい違いがあるのかを検証しました。

この記事を詳しく解説した資料があります

検証マシンスペック

 HP Z2 Tower G9HP Z2 SFF G9HP Z2 SFF G5HP Z2 Tower G5
(Intel Core i9)
HP Z2 Tower G5
(Intel Xeon)
OSWindows 10 Pro(21H2)Windows 10 Pro(21H2)Windows 10 Pro(20H2)Windows 10 Pro(20H2)Windows 10 Pro(20H2)
CPUIntel Core i7-12700
2.1GHz
最大4.9GHz
(12コア)
Intel Core i9-12900
2.4GHz
最大5.1GHz
(16コア)
Intel Xeon W-1270P
3.8GHz
最大5.1GHz
(8コア)
Intel Core i9-10900
2.8GHz
最大5.2GHz
(10コア)
Intel Xeon W-1250P
4.1GHz
最大4.8GHz
(6コア)
HDDSSD(M.2 TLC)+HDD(SATA)
キャッシュ
メモリー
25MB30MB16MB20MB12MB
RAM32GB32GB32GB32GB32GB
最大仮想
メモリー
98,304MB
グラフィックス
エンジン
NVIDIA RTX
A2000
12GB
NVIDIA RTX
A2000
12GB
NVIDIA Quadro
T1000
NVIDIA Quadro
P2200
NVIDIA Quadro
P2200
  • * 検証では、仮想メモリーの大きさをコンピューター上のメモリーの3倍の大きさにし、初期サイズと最大サイズは同じにする。
  • * グラフィックスカードはCAD推奨のドライバーを使用する。
  • * LANケーブルは接続せず、ウイルスソフトなどほかのアプリケーションが起動されていないことを確認する。

HP Z2 Tower

HP Z2 SFF

計測内容

次の一連の操作を行う。検証用モデルにはSOLIDWORKS 2022を用いた。

  • ソフトウェア起動
  • アセンブリファイルを開く
  • 部品ファイルを編集
  • 干渉チェック
  • 標準三面図+等角投影図作成
  • 断面図作成
  • 図面ファイル保存
  • ソフトウェア終了 など合計20操作

部品数

  • 構成部品の合計数:1,042
  • 部品:872
  • ユニークな部品:55
  • サブアセンブリ:170
  • ユニークなサブアセンブリ:15

検証結果 どのマシンが一番速く動作したのか?

  1. 1

    HP Z2 SFF G9

    Intel Core i9-12900 / NVIDIA RTX A2000 12GB / SSD+HDD

  2. 2

    HP Z2 Tower G9

    Intel Core i7-12700 / NVIDIA RTX A2000 12GB / SSD+HDD

  3. 3

    HP Z2 SFF G5

    Intel Xeon W-1270P / NVIDIA Quadro T1000 / SSD+HDD

一連操作の時間比較(mm:ss)
 HP Z2 Tower G9HP Z2 SFF G9HP Z2 SFF G5HP Z2 Tower G5
(Intel Core i9)
HP Z2 Tower G5
(Intel Xeon)
ソフトウェア起動(1回目)00:0300:0300:0500:0700:09
ソフトウェア起動(2回目)00:0200:0200:0300:0500:05
アセンブリファイルを開く00:0500:0500:0600:0600:07
部品ファイルを選択00:0100:0100:0100:0100:01
部品ファイルを開く00:0100:0100:0100:0100:01
部品ファイルを編集00:0300:0300:0400:0400:04
フィーチャ再構築00:0400:0400:0400:0500:04
アセンブリファイル再構築00:0100:0100:0100:0200:02
アセンブリファイル保存00:0200:0100:0100:0200:02
干渉チェック01:2301:1901:4901:4801:55
アセンブリファイル保存00:0100:0100:0100:0100:01
標準三面図+等角投影図作成00:0500:0400:0400:0400:04
平面図削除00:0100:0100:0100:0100:01
作図スケール変更00:0200:0200:0300:0300:03
断面図作成00:0200:0200:0200:0200:02
アセンブリファイル編集00:0100:0100:0100:0100:01
図面ファイル更新00:0700:0800:1100:1100:11
図面ファイル保存00:0400:0400:0700:0300:04
アセンブリファイル保存00:0100:0100:0100:0100:01
全てのファイルを閉じる00:0100:0100:0100:0100:01
ソフトウェア終了00:0100:0100:0100:0100:01
合計02:1102:0602:4802:5003:00

考察

SOLIDWORKSはCPUおよびGPU性能が高いと計算が速く処理時間が短い。基本的なCAD操作はCPUおよびGPU性能それぞれが高い方が速くなる。
GPU、CADバージョン、メモリーなど、ほぼ同じ環境でCPUが異なるHP Z2 Tower G9 と HP Z2 Tower G9を比較した際、一連操作や大規模一連操作でHP Z2 Tower G9の方が速いことから、SOLIDWORKS基本的なCAD操作はCPU性能が高い方が処理速度が速い。大規模データになるほどCPUの性能差が処理速度に差がでる傾向にある。

SOLIDWORKS VisualizeのレンダリングではCPUおよびGPU性能が高いと計算が速く処理時間が短い。GPU性能のレンダリング時間への影響が高い。

本ページでは一連の作業時間の比較レポートをご紹介しましたが、無料の資料にはそれ以外にもメモリー使用量、大規模アセンブリ計測、レンダリングパフォーマンスベンチマークテストなどをまとめています。

さらに詳しく知りたい方へ無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料!ぜひお役立てください。

パフォーマンステスト ~SOLIDWORKS 2022~

主な内容

  • 大規模アセンブリ一連操作
  • Windows起動計測
  • Visualizeレンダリングテスト