• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

3Dスキャナーによるリバースエンジニアリング

3Dプリンターだけじゃない、3Dスキャナーによるリバースエンジニアリングの活用法

リバースエンジニアリングとは、実物から3Dデータや図面を作成し、デジタル化する手法です。リバースエンジニアリングを実現するツールとして、ご存じの通り3Dプリンターが挙げられますが、本特集では3Dスキャナーよるリバースエンジニアリングの活用法をご紹介します。

記事一覧

3Dスキャナー活用 ~点群データから自動でCADに変換~
3Dスキャンしたデータは点群データとして出力されます。点群データをCADで使えるようにするには、メッシュ化への変換や穴埋め作業などの手間が必要とします。自動でメッシュ化~CADで使えるようにする「自動面生成」をご存じでしょうか?
期待しないでください「3Dスキャナーは万能の入力装置ではありません」
3Dスキャナーは万能の入力装置ではありません。3Dスキャナーの性能以上に操作するユーザーの工夫と技能(スキャニングノウハウ)が重要になります。また、スキャニング後のモデリング技術が良い3Dデータの作成には必須となります。
3Dスキャナー基本のキ!3Dスキャナーの種類を知ろう
3Dプリンターの目覚ましい普及によって、3Dモデリングの需要の底辺が拡大しています。それに呼応して、インプットサイドでの3Dスキャナーへの関心も高まっています。今回は3Dスキャナーの基本である種類についてご紹介します。
一歩先行く!3Dスキャナーによるリバースエンジニアリングの活用法
リバースエンジニアリングとは、実物から3Dデータや図面を作成し、デジタル化する手法です。リバースエンジニアリングを実現するツールとして、3Dスキャナーにフォーカスをあてて、「3Dスキャナーによるリバースエンジニアリングの活用法」をご紹介します。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP