3DEXPERIENCE SOLIDWORKS 従来型との比較

CAD機能とクラウドソリューションを融合したSOLIDWORKS

クラウド上でさまざまな機能やサービスを提供している3DEXPERIENCE platform。このプラットフォームへの接続を前提としたSOLIDWORKSが、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」です。従来型の「SOLIDWORKS Desktop」との違いをご紹介します。

この記事を詳しく解説した資料があります

コネクテッド版とは

従来のSOLIDWORKSは「デスクトップ版」として区別され、3DEXPERIENCE SOLIDWORKSは「コネクテッド版」などと呼ばれます。

デスクトップ版をお使いのPCにコネクテッド版をインストールすることはできません。コネクテッド版はクラウドへ接続して使用するCAD環境ではありますが、従来型と同様、ワークステーションなどへインストールし、そのマシンリソースを使用するシステムになります(クラウド上で動作するブラウザーベースCADではありません)。

動画で分かる 3DEXPERIENCE SOLIDWORKS

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

デスクトップ版と変わらぬCAD機能を搭載

コネクテッド版は従来のSOLIDWORKSと変わらないCAD機能を利用できます。部品、アセンブリ、図面の作成機能のほか、板金、溶接モデル、配管・配線、サーフェス、3DInterconnect機能など、デスクトップ版と同様の機能構成となっています。

  • 部品

  • アセンブリ

  • 図面

コネクテッド版で利用可能な機能

 3DEXPERIENCE
SOLIDWORKS
Standard
3DEXPERIENCE
SOLIDWORKS
Professional
3DEXPERIENCE
SOLIDWORKS
Premium
タスクスケジューラー○(機能制限あり)(注1)
Design Checker 
TolAnalyst 
ScanTo3D 
SOLIDWORKS Costing 
CircuitWorks 
Toolbox 
Routing  
  • (注1)3DEXPERIENCE SOLIDWORKS Standard版のタスクスケジューラーは「ファイル変換」タスクのみ実行できる。

搭載されていない機能・アドイン

コネクテッド版に搭載されていない機能・アドインがありますが、プラットフォーム上のアプリによりカバーされているものもあります。

SOLIDWORKS Connectedに搭載されていない機能・モジュール

  • チュートリアル
  • CADアドミンダッシュボード
  • Xpress製品
  • PhotoView 360
  • 3D Content Centralへのアクセス

SOLIDWORKS Connectedに搭載されないアドイン

  • 各種パートナー製品
  • Electrical 3D / Schematics
  • SOLIDWORKS Simulation(Standard、Professional、Premium)
  • SOLIDWORKS Flow Simulation
  • SOLIDWORKS Plastics
  • SOLIDWORKS PDM
  • SOLIDWORKS CAM
  • SOLIDWORKS Inspection
  • SOLIDWORKS MBD
  • SOLIDWORKS Visualize(Professional / Premium にVisualize Appsが含まれる)
  • Treehouse
  • eDrawings
  • Sustainability

SOLIDWORKS Connected の利用方法

CAD画面からプラットフォーム機能へアクセス

CAD画面ではタスクパネル内に表示される3DEXPERIENCEタブより3DEXPERIENCE platformへアクセスできます。SOLIDWORKSと統合された環境でプラットフォーム上のデータ管理機能を利用できます。

新規/既存ドキュメントをクラウドへ保存

新規作成したドキュメントや既存ドキュメントはクラウド上の保存領域「コラボレーションスペース」に保存できます。保存コマンドを実行すると、名前を指定するだけでそのままクラウドへと保存されます。クラウドではなく、作業PCのローカルフォルダーに保存することも可能です。

クラウドから開く

タスクパネル上の検索ボックスからファイル名などを基にデータを検索してアクセスできます。検索したデータは、開くコマンドで開いたり、ドラッグ&ドロップにより直接アセンブリへ組み込んだりできます。検索機能ではファイル名のほか、6Wタグを基に検索もできます。

検索したデータを開く

アセンブリへ挿入

さらに詳しく知りたい方へ無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

3DEXPERIENCE platformに接続して利用できるSOLIDWORKS「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」

主な内容

  • 利用可能な機能
  • 利用方法
  • xAppとの連携