今後は新AutoCADへ

AutoCAD LTは新規販売終了に-
今後はお求め安くなったAutoCADへ。

オートデスクは、2021年6月6日をもってAutoCAD LTの新規販売を終了しました。
LTの代わりとしてお求め安くなった「AutoCAD」もしくは、より機能が充実しているAutoCAD Plus(AutoCAD including specialized toolsets)をご検討ください。

機能比較

AutoCADが選ばれる理由

AutoCADは「世界的に使われている業界標準CAD」と評価され、その優位性は他のソフトにはないメリットです。そのほか、作業の省力化が図れる豊富な機能や自由度・表現力の高さには定評があります。

  • AutoCADだからできる設計作業のスピードアップ

    AutoCAD LTにはなく、AutoCADに含まれる機能が多くあります。

  • 表現処理スピードが速く、自由度が高い

    ソリッド、サーフェス、メッシュモデリングやレンダリングなどの3Dモデリングおよびビジュアライゼーションツールを使用して、リアリスティックなモデルを作成し、デザインを正確に伝えることができます。

  • 業界標準CAD

    AutoCADは業界標準CADとして、教育の場で学生にも使用されています。就職後すぐに使えるのも強みの一つです。

  • WindowsとMacのOSで使用可能

    AutoCADはWindowsだけでなく、Mac用インターフェイスを備えており、2Dおよび3D CADソフトウェアを使用してあらゆる詳細を設計できます。

AutoCADに搭載された機能

AutoCADは、AutoCAD LTの全ての機能を搭載しています。2D作図・設計においては、おなじみのインターフェイスとAutoCAD LTと同じ動作環境でご使用いただけます。

ただし、3Dモデルを使用する場合は、3Dモデリングの推奨グラフィックスと追加要件が必要になりますので、AutoCADのご購入前に最新の動作環境についてメーカーサイトよりご確認ください。

  • トップレベルの2Dおよび3D機能

    AutoCADは、2Dジオメトリやソリッド、サーフェス、メッシュオブジェクトを使用した3Dモデルの作図、注釈付け、設計をより効率的に行えます。また、作業を自動化してスピードアップしたり、カスタマイズしたりすることもできます。

  • ワークフローの自動化とカスタマイズ

    図面の比較、ブロックやジオメトリのカウント、ブロックの追加、集計表作成などの作業を自動化することができます。

  • あらゆるデバイスで利用可能

    あらゆるデバイスからAutoCADにアクセスできます。Webおよびモバイルアプリを使用して、外出先やAutoCADがインストールされていないコンピューターでも図面を表示、編集、注釈付け、作成できます。

  • CAD標準仕様

    図面ファイルの画層、文字スタイル、線種、寸法スタイルのプロパティが社内で定めた仕様に準拠しているかどうか確認でき、仕様に適合しないプロパティを修正することもできます。

AutoCADのご購入は大塚商会から

大塚商会は「Autodesk プラチナ認定パートナー」に認定されています。AutoCADのご購入はAutodesk製品におけるアジア地域No.1のリセラーとして豊富なノウハウを持つ当社にお任せください。業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

大塚商会が選ばれる6つの理由

  • * この認定はコンサルティングやアプリケーション開発への高水準の投資、高いレベルのソリューションの専門知識、サービス、サポート、顧客満足を提供する能力を備えている団体に送られます。

AutoCAD LTに関するよくあるご質問

2021年6月現在の情報を元に回答しています。

AutoCAD LT単体製品の永久ライセンス価格はいくらですか?

オートデスクは、2016年に永久ライセンス販売を終了し、サブスクリプション販売へと切り替えを行っています。そのため、サブスクリプションライセンスの購入をご検討ください。

オートデスクのサブスクリプションとは?

AutoCAD LT 単体製品のサブスクリプション価格はいくらですか?

オートデスクは、日本国内におけるAutoCAD LTおよびAutoCAD LT with CALS Toolsの新規サブスクリプションの販売を終了しています。そのため、LTの代わりとして同額でご購入いただける「AutoCAD」をご検討ください。

現在使用中のAutoCAD LTのサブスクリプションを今後も契約更新することはできますか?

はい。現在AutoCAD LTのサブスクリプションをお持ちのお客様は、ご利用中のAutoCAD LTサブスクリプションを今後も引き続き更新することができます。

現在AutoCAD LTのサブスクリプションメンバーなのですが、自動的にAutoCADに移行されますか?

いいえ。日本国内における既存のAutoCAD LTサブスクリプションメンバーのお客様は、今回の変更によってAutoCADに自動的に移行されるわけではありません。

現在AutoCAD LTのサブスクリプションメンバーである場合、AutoCADに移行するにはどうすればよいですか?

現在AutoCAD LTのサブスクリプションメンバーで、AutoCADへの移行をご希望の場合は、現在のサブスクリプションを更新せずに、AutoCADのサブスクリプションを新たにご購入ください。

無料で使えるAutoCADはありますか?

2020年7月1日より、AutoCADもしくはAutoCAD LTのサブスクリプション特典として提供しているAutoCAD Webアプリを、サブスクリプションメンバー以外の方でも無償でご利用いただける新しいプログラムを開始しました。6月30日までAutodesk拡張アクセスプログラムとして同様に解放していましたが、この新しいプログラムにより7月1日以降も引き続きご利用いただけます(商用利用も可)。
また、AutoCADモバイルアプリにも無償版が用意されています。

 クラウド コラボレーション製品の拡張アクセス プログラム

無料で使えるAutoCADのViewerはありますか?

オートデスクでは、オンライン含めた複数の無料ビューアーをご用意しています。サブスクリプション契約は必要ありません。サポートされるファイルと機能をご確認いただき、用途に合った最適な無償CADファイルビューアーをお選びください。

DWG TrueViewと他のCADファイルビューア