ClassNK-PEERLESS

3Dスキャンデータを簡単にプロ並みにモデリングする、点群データ活用ソフトウェア

ClassNK-PEERLESSを使用すれば、3Dスキャンデータを取り込み、プラント・工場設備・建築・造船といった構造物のレイアウト検討やメンテナンスに使用可能な3Dモデルを作成できます。使いやすい操作性で、これまで経験とコツに左右されていた作業工数を飛躍的に短縮します。

動画で分かる ClassNK-PEERLESS

この動画は音声が含まれていません。

3次元モデル化の課題を解決

3Dスキャンデータを活用する際の課題は、3Dモデル化のモデリングコスト(注1)が大きいことが挙げられます。

ClassNK-PEERLESSは使いやすい機能、ストレスの少ない点群の表示速度と視認性で作業時間を短縮化し、誰でも使える直感的な操作で作業者単価を低減します。

  • (注1)3次元モデル化のコスト=作業時間×作業者単価

機能紹介

3Dモデル化機能

ClassNK-PEERLESSは、3Dモデルを作成する機能が充実しています。

配管部品配管部品を自動で認識。点群を自動追跡して簡単に作成
鋼材H鋼、山形鋼に代表される鋼材を作成
平面・曲面床、壁に代表される平面や曲面を作成
幾何形状・機器機器などを幾何形状で作成
その他メッシュで形状を表現可能

規格に沿ってモデル化する配管や鋼材などは、規格のハンドブックを持たなくてもシステムが自動で判断したり点群を参考にしたりして、規格品から選択できます。

コマンド一つでバルブを作成

点群とモデルを使った計測機能

一般的な計測機能以外に、3D注記機能、誤差カラーマップ、搬入出の経路検討機能が搭載されています。

自社専用機能

「こんな機能があれば」「大規模点群処理の技術を自社の領域で応用できないか」などのご相談をお伺いし、ご要望に合わせた自社専用機能の追加やソフトウェアの機能群を使った専用システム構築のご提案が可能です。

専用システムの構築事例

ICT活用に向けた3次元モデル化作業のための専用システムを構築。作業工数削減(3分の1~4分の1)、高精度化を実現!

株式会社不動テトラ様は、形状の特徴を使って消波ブロックを自動配置するシステムを大塚商会と開発会社のアルモニコスと協議し、ClassNK-PEERLESSSベースで構築されました。一部分しか見えていなくても形状を補完して3次元モデル化。地上型レーザースキャナーだけでなく、水中レーザースキャナーからの点群も対象に3次元モデル化作業の効率化を実現されています。

  • モデル化時間が1 / 3~1 / 4に短縮(作業時間の短縮)。
  • 特定の技術者を必要としなくなった(作業者単価の低減)。
  • 3次元モデルの高精度化を実現(配置されたブロックと点群との誤差はブロック寸法の約2%以内)。
  • 消波ブロックの据付位置および姿勢が把握できるため、据付工事で活用できた。

さまざまな点群データからモデルを作成

固定型のレーザースキャナーのような大容量/高精度の点群データだけでなく、ドローン、LiDARといったランダムに格納される点群データや精度が荒い点群データでもモデル化できます。

BLK2GO スキャンデータの活用

ClassNK-PEERLESSをもっと知る