Simcenter FEMAP with Nastran

Simcenter Nastranと Simcenter FEMAPを統合した汎用構造解析パッケージソフトウェア

Simcenter FEMAPは1985年に開発されたFEMのプリプロセッサーです。現在までに最新のテクノロジーを組み込みながら約30回以上のバージョンアップを繰り返し、最も汎用的なプリプロセッサーとして多くの解析ソフトウェアやCADデータに対応しています。そのため、「世界的に知名度が最も高いプリプロセッサー」ともいえます。

Simcenter Nastranは1965年にNASA(米国航空宇宙局)にて5年の年月と1000万ドルの開発費用をつぎ込んで生まれた構造解析ソフトウェアです。航空機の強度計算のために開発されたソフトウェアであるため、精度については非常にシビアに作られています。現在では重要建屋(原子炉圧力容器、蒸気発生装置、原子炉を含む建屋)の設計段階での検証計算にも用いられています。

Simcenter FEMAP with Nastranフル機能無料貸し出し実施中!

本貸し出し版を30日間無料でご使用できます(それ以降は300節点制限版として継続利用可能)。ご希望の方はフォームよりお申し込みください。

  • FEMAP+Nastran Basic
  • Dynamic Response
  • Design Optimization

Simcenter FEMAP with Nastranの特徴

Simcenter FEMAP

主要なCADにシームレスに接続できます。NX、I-deas、SolidEdgeはもちろんのことPro / ENGINEERやCATIA、AutoCAD、SOLIDWORKSなどから形状読み込みが可能です。業界標準のParasolidジオメトリ・エンジンを搭載しています。もちろんACIS、STEP、IGES、VDA、DXFを読み込み可能ですので、ほぼ全CADから形状データを読み込み可能です。

また複数の解析ソルバーにも対応しています。Simcenter Nastran、MSC / MD Nastran、ANSYS、MSC Marc、LS-DYNA、SINDA、TMGを機能面でサポートしています。GUIは完全に日本語化されていて使い勝手もWindows準拠で直感的な使用が可能です。

Simcenter Nastran

基本機能として次の7点がベースモジュールに組み込まれています。

  1. 線形静解析
  2. 固有値解析
  3. 座屈解析
  4. 熱伝導解析
  5. 基本的な非線形解析
  6. スポット溶接解析
  7. ボルトプリロード

高度な機能(個別モジュール)としてオプションが提供されています。大規模問題に対応していることもNastran最大の魅力です。

  1. 動的応答解析
  2. 高度な非線形解析
  3. スーパーエレメント解析
  4. DMAP
  5. 設計最適化
  6. ローターダイナミクス

例えば700万要素の静解析を7時間で、1億節点の静解析を18時間で計算完了です。もちろん64bitに対応し大きな効果を示しています。32bit dualcoreで2.5時間で完了、64bit quad coreで4、5分で完了。速度比は33倍です。

Simcenter FEMAP with Nastranはこの有名な二つのソフトウェアをセットにし、なおかつ戦略的な価格設定を行った非常に魅力ある商品に仕上がっています。

大規模モデルへの取り組み

薄肉ソリッドモデルのベンチマーク1,200万節点 700万要素
SOL 103 20モード 11.3時間
エンジンモデルのベンチマーク300万節点 900万自由度
SOL 103 200モード 10時間
翼の静的解析ベンチマーク (2006)3,500万節点 2億400万自由度
SOL 101 静的変位 7時間
翼の静的解析のベンチマーク(2008)1億節点 6億自由度
SOL 101 静的変位 18時間

  • * 掲載のモデルは実際のテストモデルとは異なります。またテストには、ワークステーションを使用しています。

Simcenter FEMAP with Nastranスクール

大塚商会では、Simcenter FEMAP with Nastranの知識や基本操作を習得するためのスクールとして「構造解析」と「振動解析」の2コースをご用意し、お客様の業務に合わせてコースを選択することができます。

Simcenter FEMAP with Nastranスクール