SeACD

業界初の空調・換気設計支援ソフトウェア

SeACDは、空調・換気機器の選定や系統図・機器表作成などの設備設計業務を効率化する、業界初の空調・換気設計支援ソフトウェアです。入力情報の活用とメーカー情報の搭載で業務を大幅に効率化できます。

空調設備設計は作業ごとにツールを使い分ける必要がありますが、SeACDならこのソフトだけで完結します。作業時間の短縮、そして管理のしやすさが違います。

動画で分かるSeACD六つの特長

負荷計算結果を元に機器を自動選定

負荷計算結果を元に、SeACD側でメーカーの機器で自動選定(メーカー機器データを搭載)。機器の仕様が自動で入力されるため、手入力が不要です。

負荷計算結果の自動反映も

同メーカー(株式会社イズミシステム設計)から提供されている「STABRO 負荷計算」をご利用いただくと、算出した計算結果を自動でSeACDに反映することができます(直接入力も可能)。

諸元入力から空調系統図作成まで、シームレスに情報連携

SeACDでは変更した内容は全て反映されます。転記ミスや修正漏れを防ぎ、確認作業の時間が短縮されます。

各種集計表、根拠資料を自動出力

換気・空調機器の選定結果を元に、SeACD for Revitから系統図、機器表、集計表を自動出力することができます。

設計規模により2種類の製品からお選びいただけます

SeACDにはプロ版とパーソナル版の2種類があります。大きな違いは入力室数の違いですので、設計規模で選定されることをお勧めします。

SeACD プラン比較表
 プロパーソナル
機能入力室数999室100室
熱負荷計算方法STABROよりインポート
汎用CSV取り込み
手入力
STABROよりインポート
手入力
メーカーデータ
帳票出力CAD・PDF・ExcelCAD・PDF・Excel
サポート不具合サポート
新バージョン提供
サブスクリプション契約期間1年間1年間
インストールPC数2PC1PC
同時起動PC数(注1)1PC1PC
  • (注1)1ライセンス当たり

SeACDをもっと知る