より高度なふく射解析 ~HVACオプション~

SOLIDWORKS Flow SimulationとHVACモジュールオプション

SOLIDWORKS Flow Simulationでは、3つの伝熱(熱伝導、対流、ふく射)を考慮した解析ができます。さらに「HVACモジュールオプション」を追加すると高度なふく射の設定ができ、ふく射熱の解析を行うことができます。今回はSOLIDWORKS Flow Simulation単体で行えるふく射解析とHVACオプションで行えるふく射解析の機能を比較します。

SOLIDWORKS Flow Simulationにできるふく射熱解析

SOLIDWORKS Flow Simulationでは、熱伝導解析・流体解析に加えて次のふく射解析を行うことができます。
なお、半透明の固体定義やスペクトル定義をする場合には、HVACオプションを使用する必要があります。

  • 放射率定義
  • 反射
  • 固体の透過(半透過はできない)

HVACモジュールオプションにできるふく射熱解析

HVACモジュールでは通常のSOLIDWORKS Flow Simulationに加えて次を考慮することができます。また、建築関連材料やファンの材料データベースも強化されています。

  • 半透明固体(固体内ふく射吸収率の計算)
  • 波長依存
  • スペクトル定義
  • 鏡面の設定
  • 屈折率の設定
  • ふく射源フィーチャー

詳細資料

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスに関する情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求(無料)