IT導入補助金 対象製品

Vectorworks 価格

VectorworksはPCごとにライセンスを管理するスタンドアロン版とサーバー/クライアント型で大規模なライセンス管理、運用可能なサイトプロテクションネットワーク版での価格に分かれます。

スタンドアロン版

Vectorworks Fundamentals335,000円(税別)
Vectorworks Landmark446,000円(税別)
Vectorworks Spotlight446,000円(税別)
Vectorworks Architect446,000円(税別)
Vectorworks Design Suite557,000円(税別)
スタンドアロン版にVectorworks Service Selectがバンドルされている製品(専用申込書が必要)
Vectorworks Fundamentals(Vectorworks Service Selectバンドル)376,000円(税別)
Vectorworks Landmark(Vectorworks Service Selectバンドル)477,000円(税別)
Vectorworks Spotlight(Vectorworks Service Selectバンドル)477,000円(税別)
Vectorworks Architect(Vectorworks Service Selectバンドル)477,000円(税別)
Vectorworks Design Suite(Vectorworks Service Selectバンドル)596,000円(税別)
他社製品からの乗換スタンドアロン版(専用申込書が必要)
Vectorworks Landmark 乗換版(Vectorworks Service Selectバンドル)410,000円(税別)
Vectorworks Spotlight 乗換版(Vectorworks Service Selectバンドル)410,000円(税別)
Vectorworks Architect 乗換版(Vectorworks Service Selectバンドル)410,000円(税別)

サイトプロテクションネットワーク版

サイトプロテクションネットワーク版は、サーバーマシン上で同時に使用できるクライアントライセンス数を管理します。使用が想定される全てのクライアントマシンにVectorworksクライアントソフトウェアをインストールしておき、必要なときだけライセンス管理ソフトウェアからライセンスを取得して、保有しているライセンス数を上限に起動することができます。
クライアントでは、Vectorworksクライアントソフトウェアの起動時に許可された各種モジュール(Architect・Designerなど)も選択いただけます。さらに、ライセンス持ち出し機能によって「最長30日間のネットワーク外への持ち出し利用」が可能なため、外出/出張時などでもVectorworksをご使用いただけます。

基本パッケージ(5ライセンス同梱)1,675,000円(税別)
追加ライセンス(合計1~5ライセンス単価)335,000円(税別)
追加ライセンス(合計6~10ライセンス単価)302,000円(税別)
追加ライセンス(合計11~20ライセンス単価)262,000円(税別)
追加ライセンス(合計21~30ライセンス単価)238,000円(税別)
追加ライセンス(合計31~40ライセンス単価)222,000円(税別)
追加ライセンス(合計41~50ライセンス単価)206,000円(税別)
追加ライセンス(合計51~200ライセンス単価)199,000円(税別)
追加ライセンス(合計201ライセンス以上単価)194,000円(税別)
Design Suiteモジュール 2022 ネットワーク版222,000円(税別)
Architectモジュール 2022 ネットワーク版111,000円(税別)
Landmarkモジュール 2022 ネットワーク版111,000円(税別)
Spotlightモジュール 2022 ネットワーク版111,000円(税別)

バージョンアップポリシーの変更について

Vectorworks開発元でのバージョンアップポリシーの変更に伴い、2017年1月提供開始のVectorworks 2017よりバージョンアップ対象製品が変更となっています。以前は全ての旧Vectorworks製品に対し、バージョンアップサービスを提供していましたが、Vectorworks 2017より最新バージョンから3世代前までがバージョンアップ対象製品に変更となりました。

このため、Vectorworks 2021のバージョンアップサービスでは、Vectorworks 2017以下からのバージョンアップサービスのご提供はありません。あらかじめご了承ください。

変更内容

  • 2016年12月まで:Vectorworks旧バージョン全てがバージョンアップ対象。
  • 2017年1月より:最新バージョンの3世代前までがバージョンアップ対象(注1)。
  • (注1) バージョン2021の場合、バージョン2017以下の製品はバージョンアップサービス対象外。

さまざまな特典が盛りだくさんの年間契約型保守サービス

Vectorworks Service Selectは、Vectorworksをより快適に活用いただくための年間契約型の保守サービスです(別途契約が必要)。ご契約期間中は次のような特典をご利用いただけます。

  • 専用ポータルサイトの利用

  • 追加ライブラリデータの利用

  • 次期バージョンの無償提供

  • インターネットLiveサポートや専用電話回線でのテクニカルサポート

  • スキルアップのためのトレーニング

  • クラウドサービス

Vectorworks Service Selectの詳細はカタログにてご確認ください。

Vectorworks カタログダウンロード

Vectorworks BIMスターターパック実践講座詳細

難しい設定を事前にプログラムして誰もが簡単に取り組めるテンプレートをご用意しています。BIMを活用した基本設計の流れ、プレゼン資料の作り方を実務設計者が優しく解説します。また講習の内容はオンデマンドで講習終了後でも半年間視聴できます。

詳しくはこちら