IT導入補助金 対象製品

WALL-1

不整形な壁式鉄筋コンクリート造建物でもそのまま入力・構造計算へ!

WALL-1は壁式鉄筋コンクリート造建物の一貫構造計算ソフトで、次の基準類に基づいています。

  • 一般財団法人 日本建築センター他編集「壁式鉄筋コンクリート造設計施工指針(平成15年2月)」
  • 一般社団法人 日本建築学会「壁式構造関係設計規準集・同解説(壁式鉄筋コンクリート造編 2003年度版)」

平成19年に改正された建築基準法に対応した許容応力度等計算から保有水平耐力計算までの一連を行い、構造計算書の出力のほか構造計算概要書や構造計算適合性判定提出に必要な図やデータを出力できます。

WALL-1の適用範囲

WALL-1は1階または1・2階壁式RC造、上階が木造の3階建て立面混構造の壁式構造部分の構造計算に対応しています。

  • 5階建て以下で、かつ軒の高さが20m以下の壁式鉄筋コンクリート構造を扱います。地下階、塔屋階はそれぞれ5階まで取り扱います(全階数10階以下)。
  • グリッド上の平面形を基本としますが、フレーム軸の傾斜や中折れのある建物も取り扱えます。不整形な建物の場合でもグリッドとは別にグリッドを斜めに結ぶ任意の通り軸を設けることで、無理なモデル化をせずに入力できます。
  • コンクリートは普通コンクリート、軽量1種、軽量2種でFC18~36N / mm2。鉄筋はSD235、SD295、SD345、SD390、SR235、SR295を扱います。

伏図表示例

初めての方でもミスなく使えるように

部材は画面上のマウス操作で配置。操作は即座に3Dに反映されるため、部材の位置関係を容易に確認できます。画面には建物形状に忠実な伏図・軸組図が表示されますので、初めて使用される方でも誤りなく迅速に入力できます。

機能紹介

ほかのソフトとの連携

WALL-1はほかのソフトと連携させて計算・解析を行うことができます。関連プログラムを図で解説します。

プログラム関連図

WALL-1の価格や動作環境はどうなっていますか?

WALL-1の価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。