IT導入補助金 対象製品

WOOD-ST プログラム関連図

CADファイルを下図として読み込みWOOD-STで一貫構造計算を行った後、各種解析ソフトに引き渡せます。保有水平耐力の確認やRC / S造の構造計算など、できることの範囲が広がります。

  1. CADファイル(注1)を下図として読み込み、伏図入力、屋根入力、風圧力の見付面積入力で利用できます。スパンと通り心名称をCAD図面から読み込んで自動設定できます。
  2. 配置データや3DモデルをCADファイル(注1)として出力できます。
  3. HOUSE-ST1の建物形状を読み込めます。在来軸組工法から集成材等建築物への設計変更も簡単に行えます。
  4. 解析モデル(節点・部材剛性・荷重)をFAP-3のテキスト形式データに出力します。FAP-3で応力状態の確認や部分的に詳細な検討を行えます。
  5. 建物形状(部材断面・材質)と解析モデル(節点・部材剛性・荷重)をSNAPのテキスト形式データに出力します。SNAPで詳細な検討を行えるほか、弾塑性モデルを入力することで保有水平耐力の確認が行えます。
  6. 基礎(基礎ばり・底盤)と基礎計算用軸力をBUSシリーズのテキスト形式データに出力します。BUS-基礎構造で基礎スラブやフーチングの検討が行えます。
  7. 木造部分の建物重量を利用して、混構造のRC / S造の構造計算を行います。
  8. 木造部分の建物重量を利用して、混構造の壁式RC造の構造計算を行います。
  • (注1)対応形式:mps、mpz、mpx、mpw、mpp、dwg、dxf、jwc、jww。3Dモデルはmpw、mpp、jwc、jwwで保存できない。