• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

材料力学と有限要素法の基本を理解しよう

応力とは何か

応力とは「力に関して基準を用いて考えた」ものです。基準となるものに断面積が用いられ、力を断面積で割ることで応力が求められます。今回は応力の種類や解析のコアとなる計算方法の有限要素法をマスターしましょう。

応力の種類

応力には、次の3種類があります。

垂直応力

物体の断面に対して、垂直な方向に生じる単位面積当たりの力の値を垂直応力とよびます。

式:σ(垂直応力)=F(力)/A(断面積)

垂直応力

垂直応力

曲げ応力

物体を曲げようとする力がかかると物体内部に引張応力と圧縮応力が同時に発生します。曲げ応力は断面内で変化し表面で一番大きな値となります。その表面の値を曲げ応力として表します。

式:σ(曲げ応力)=M(曲げモーメント)/Z(断面係数)

曲げ応力

曲げ応力

せん断応力

物体の断面に沿う方向に生じる、ものを断ち切ろうとする力をせん断力とよびます。断面積で割った単位当たりの値をせん断応力とよびます。

式:τ(せん断応力)=F(せん断力)/A(断面積)

有限要素法とは何かを考えてみよう

有限要素法とは、厳密に解くことができない工学的な問題を数値計算により解くための解析のコアとなる計算方法の一つです。Finite Element Method の頭文字をとり「FEM」とよばれています。

では、具体的に有限要素法とはどのようなものか詳細は次よりお気軽に資料をご請求ください。

有限要素法 資料請求(無料)

詳細資料

このトピックスに関する情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料掲載項目
  • 有限要素法とは何か?
  • 有限要素法の内部処理を理解しよう

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

 

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP