• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

CAMを使って加工の見積りを始めよう

加工プラグラム作成だけでない、CAMの活用方法

CAM導入のメリットは加工プログラムを作成できることだけではありません。「加工見積り」の標準化ツールとして活用できます。

得意先から供給されたデータを元にCAMでツールパス(加工経路)を作成することで、おおよその加工時間を把握でき、その時間から見積りを算出することができます。

CAMを使った加工の見積りとは

CAMは単なる加工プログラム作成のツールではない

ほとんどのCAMシステムで、作成したツールパス(加工経路)から加工時間を算出する機能を持っています。算出された加工時間を元に加工金額を見積もることができます。

図面や3Dモデルを見て「長年の勘」を頼りに加工時間を見積もっている場合、経験値によって大きく見積りが変わってしまいます。しかし、CAMを使うことで「使用工具」「加工方法」「加工条件」など具体的な情報を元に加工時間を算出するため、勘に頼らない見積りができるのです。

  • Aさんの見積りは甘くて赤字になってしまう。
  • Bさんの見積りは高くなりすぎて仕事が失注してしまう。

など見積りのばらつきを抱えている場合は、CAMを活用した加工見積りを行うことが改善策の一つとなるかもしれません。

落とし穴! 算出された加工時間はそのままでは役に立ちません

実はCAMで算出された加工時間をそのまま見積りに使っても良い結果は生まれません。活用するためには算出された時間にノウハウ値(3軸加工機ならば1.2~1.3倍が多い)を掛けた値を得る必要があります。

この理由はCAMの加工時間は主に以下の時間を考慮できていないからです。

  • 加速・減速の時間(CAMは一定速度で時間を算出しています)
  • 正確な工具交換時間

そのため、CAMで算出された時間に工夫を加えることで現実的な時間を見積もることができます。特に加速・減速は加工方法や工作機械ごとに左右されるため、経験値を蓄積する必要があります。

始めようCAMで加工見積り

最初は工作機ごとにノウハウの蓄積が必要になりますが、CAMを持っている方は今日から加工の見積りにも活用してみてはいかがでしょうか。

また、CAMを持っていない方はCAMの導入で加工の見積りに取り組んでみてはいかがでしょうか。CAMで見積り用に作ったツールパスは、加工プログラムとして活用もできるので一石二鳥で加工現場の効率化を推し進められます。

SOLIDWORKSを活用した加工の見積り方法

SOLIDWORKS CAMで自動に加工見積り

穴・2軸加工のみで完結する部品加工であればSOLIDWORKSにアドインするSOLIDWORKS CAMのツールパス自動作成機能を使って、迅速な加工時間の算出・見積りが可能です。

ほとんどの3次元CAMで加工時間の算出は可能ですが、自動的にツールパスを作成できる機能を持ったCAMが選定のポイントです。

SOLIDWORKS CAM 使い方マニュアル(簡易)で基本操作を押さえよう

SOLIDWORKS Costingで製造コストの見える化

SOLIDWORKS 2012より搭載されたCosting機能では、加工というミクロな視点ではなく、製造というマクロな視点からコスト見積りを行えます。

SOLIDWORKSの部品モデルの加工部位ごとにフィーチャー認識して部品製造に要する加工時間、コストを算出することが可能です。誰でも簡単に、そして誰でも同じ製造コストを算出することが可能です。

SolidWorks〔Costing〕コスト 見積り機能で製造コストを抑制

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP