• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

HP Remote Graphics Softwareの利用に最適なLTE回線プランとは?

RGSを使いたい……LTE回線は何プランにすればよいか? 実際の検証結果をヒントに契約しよう

HP Remote Graphics Software(RGS)を使用して社内のワークステーションにリモート接続するには、LTE回線契約が必要です。

「何ギガのプランを契約すればよいのか?」という疑問に対して、本記事では実際に検証した測定結果をまとめています。お客様のご利用パターンと照らし合わせて、LTE契約時のヒントにしてください。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

RGS検証環境

SOLIDWORKSの大規模アセンブリモデルを回転させ続けたときに、RGSが使うネットワーク帯域(図内、赤枠)を測定しました。

リモート接続する時間や回数によって使用するパケット数は異なりますが、RGSで使うネットワーク帯域を画面解像度、フレームレート、画質別に複数パターンで測定しました。

さまざまな条件下で大規模アセンブリを操作。そのネットワーク帯域(赤枠部分)を測定

解像度

RGS Senderから転送するデスクトップ解像度が低い場合は、ネットワーク消費量が少なくなる。反対に解像度が高い場合は消費量が増える。マルチモニターの画像転送の場合もそのモニターの枚数分ネットワーク帯域を消費することになる。

RGSの機能として、基本的には画面の差分情報のみを圧縮し、ネットワークで転送できる。設定により差分情報だけでなく、常に画面全体を転送させ続けることもできるが、消費量がかなり増えてしまう。

フレームレート

描画した画像を1秒あたりに転送するフレームの枚数のこと(上限値は30FPS)。フレーム数が少ないとネットワーク消費量は減るが、コマ送りのような状態になる。反対にフレーム数が多いと滑らかな表示になるが、消費量は増える。

画質

画質は0~100まで設定可能(デフォルト値は65)。0に近づくと画質は粗くなるがネットワークの消費量は減る。逆に100に近づくと画質は鮮明になるが消費量は増える。

画像圧縮コーデック(CODEC)

RGSが持つデフォルトの画像圧縮のCODECは「HP3」というもので、鮮明な画像転送が特長。もう一つは「AVC(Advanced Video Compression)」というCODECでH.264を使い画像圧縮をするため、HP3に比べて3分の1~4分の1程度の高い圧縮率になる。

しかしHP3に比べてブロックノイズが目立ちやすく、エンコードとデコードにかなりのCPUやGPUのリソースを多く使うデメリットがある。

測定結果

No. 転送する
画面解像度
表示フレーム
(レート/秒)
RGSの画質 画像圧縮
CODEC
ネットワーク帯域
(Mbit/秒)
1 1,920×1,080 20FPS 65 HP3 9.0Mbps
2 1,920×1,080 20FPS 65 AVC 3.9Mbps
3 1,920×1,080 30FPS 65 HP3 11Mbps
4 1,920×1,080 30FPS 65 AVC 5.5Mbps
5 1,920×1,080 20FPS 100 HP3 43Mbps
6 1,920×1,080 20FPS 100 AVC 15Mbps
7 1,920×1,080 20FPS 30 HP3 5.2Mbps
8 1,920×1,080 20FPS 30 AVC 2.0Mbps
9 1,280×720 20FPS 65 HP3 4.0Mbps
10 1,280×720 20FPS 65 AVC 1.5Mbps
11 1,280×720 30FPS 65 HP3 5.9Mbps
12 1,280×720 30FPS 65 AVC 2.1Mbps
13 1,280×720 20FPS 100 HP3 12Mbps
14 1,280×720 20FPS 100 AVC 6.0Mbps
15 1,280×720 20FPS 30 HP3 2.3Mbps
16 1,280×720 20FPS 30 AVC 0.9Mbps
17 3,840×2,160 20FPS 65 HP3 25Mbps
18 3,840×2,160 20FPS 65 AVC 10Mbps
19 3,840×2,160 30FPS 65 HP3 33Mbps
20 3,840×2,160 30FPS 65 AVC 14Mbps
21 3,840×2,160 20FPS 100 HP3 90Mbps
22 3,840×2,160 20FPS 100 AVC 44Mbps
23 3,840×2,160 20FPS 30 HP3 17Mbps
24 3,840×2,160 20FPS 30 AVC 5.5Mbps

まとめ ~お薦めのLTE回線契約プランは?~

検証結果およびまとめを目安にご自身にあったプランをご契約ください。

  • ノートパソコンの解像度を1,920×1,080、フレームレート20FPS、画質を30まで落としCODECをAVCとした場合、約2Mbpsとなった。その場合の画面は図1のようになるが、外出先ということを考えれば特に問題なく使えるレベルと感じる。
  • 仮に1時間設計業務をした場合、約900MBを消費する。解像度を1,280×720まで落とせば1時間でも約400MBまで節約することができる。
  • 現実的に外出先から丸一日LTE回線を使って設計業務をするケースは少ないと思われる。施設の無線LANサービスなどとうまく併用すれば、そのほど大量のパケットを使うこともなくなる。仮に通信キャリアと30GB/月の契約があった場合、単純計算でRGSの画面転送による設計業務利用でも1,920×1,080の解像度で約33時間、1,280×720の解像度で約74時間使えることになる。

図1

ちなみに社内LAN環境同士の場合は?

社内LAN同士で利用される場合、AVCではなく画質がきれいなHP3でのご利用を推奨します。

Receiverとして使用する端末は、OAパソコンやシンクライアントなどからが多く、主流の解像度はFull HD(1,920×1,080)となります。3D CADでのモデリングの場合では20FPS程度で画面転送ができれば快適に設計業務を行えます。画質もデフォルトの65程度でローカルとほとんど見分けがつかない程度の画質になります。

解像度1,920×1,080、画質65、フレームレート20FPS、HP3で設定すると測定結果は約9Mbpsでした。仮にこれを平均的なCAD操作のネットワーク帯域と仮定すると、1時間の設計業務で4GB程度を画面転送でネットワークを消費する計算になります。同じネットワークセグメントでの複数利用を想定すると、1Gbpsのネットワーク環境の場合、10人がRGSで設計業務をした場合は90Mbps、100人の場合は900Mbpsなので、一つのセグメントで100人程度が同時にRGS利用ができる計算になります。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

HP Remote Graphics Software 活用ソリューション

主な内容
  • HP Remote Graphics Softwareとは
  • HP RGS 利点
  • HP RGS 活用の狙い

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP