2. Adobe Substance活用 各種データのインポート

3ds MaxにRevitとInventorの生データを挿入し、マテリアル情報の連携を確認します。Revitの建物の床、Inventorの椅子のシートとアームに適用されたマテリアルが引き継がれている様子をお見せします。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

この動画についてさらに詳しく知りたい!

【先着200名様限定】アンケートに答えてAdobeオリジナルグッズ(2,000円相当)をプレゼント!

簡単なアンケートにご回答くださった方、先着200名様にAdobeオリジナルグッズ(2,000円相当)をプレゼントします。数に限りがありますので、お早めのご応募お待ちしています! (なくなり次第終了)
ご応募締切:2020年8月31日(月)

Adobeアンケートに回答する